コンテンツにスキップ

ウル・ヌンガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウル・ヌンガル
Ur-Nungal

継承者 ウドゥル・カラマ
子女 ウドゥル・カラマ
王朝 ウルク第1王朝
父親 ギルガメシュ
テンプレートを表示

ウル・ヌンガルUr-Nungal)は、古代メソポタミアウルク第1王朝の王。

シュメール王名表によると、ウルク第1王朝(紀元前26世紀頃)の6代目の王で、30年間統治したともされる[1]

ウル・ヌンガルがギルガメシュの息子であったことはシュメール王名表と『トゥンマル碑文英語版』に記されているが、ウル・ヌンガルがウドゥル・カラマの父であると記載されているのはシュメール王名表のみである。

脚注

[編集]

注釈

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ トルキルド・ヤコブセン英語版, The Sumerian King List (Chicago: University of Chicago Press, 1939),