ウメバチソウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウメバチソウ科(Parnassiaceae)は双子葉植物の科で、APG植物分類体系などで設けられている。ウメバチソウなどを含む小さい科で、従来はユキノシタ科に入れられていたが、現在では系統が異なるとされる。

2属50種ほどからなる。ウメバチソウ属がほとんどの種を占め、北半球温帯寒帯に分布する。もう1つのLepuropetalon属は1種だけで、中南米の一部に分布する。

いずれも小型の草本。形態的にはユキノシタ科と似ているが、が単生し、10本の雄蕊のうち5本が仮雄蕊(花粉を作らない)となるなどの点で異なる(そのため従来から別科とする説もあった)。APG分類体系ではニシキギ目に入れるが、ほとんどが木本からなるニシキギ目の中では特殊である。

APG植物分類体系第3版(APG III)ではニシキギ科に含めている。