ウクレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Uclés

{{{市章説明}}}

サンティアーゴ・デ・ウクレス修道院
サンティアーゴ・デ・ウクレス修道院
Flag of Castile-La Mancha.svg カスティーリャ=ラ・マンチャ州
Flag Cuenca Province.svg クエンカ県
司法管轄区 タランコン
面積 64.61km² [1] km²
標高 874m
人口 246人(2,010年)[1] 人 ()
人口密度 3.81人/km² [1] 人/km²
住民の呼称 ucleseño/-a
自治体首長 アンヘル・ガルシーア・ロドリゲス(PSOE
Uclésの位置
Uclés
スペイン内のウクレスの位置
Uclésの位置
Uclés
クエンカ県内のウクレスの位置

北緯39度58分54秒 西経02度51分44秒 / 北緯39.98167度 西経2.86222度 / 39.98167; -2.86222

ウクレスUclés)は、スペインカスティーリャ=ラ・マンチャ州クエンカ県の自治体。

語源[編集]

ウクレスの語源は明らかでない。一部の歴史家たちは、ケルトの一部族オルカデスが移り住んで村を作り、その名を出身の町 Hokulacum にちなんで名付けたとする。その後ウルセラ(Urcela)やウルセサ(Urcesa)に派生したことが硬貨で確認されている。アラブ人支配時代はウクリス(Uklis)と呼ばれていた。

歴史[編集]

ローマ時代以前から人が定住し、アラブ人支配時代にはコラ(郡)に属する重要な都市であった。城やモスク、温泉があった。さらに重要性が増すのは、レコンキスタの進行によってキリスト教軍のものとなり、サンティアゴ騎士団の本拠地となってからである。

伝承によると1091年、カスティーリャアルフォンソ6世は贈り物としてウクレスを獲得し、6人いる妻の一人サイーダ王女(esセビーリャ太守アル・ムタビト (es) の義理の娘)と移り住んだ。キリスト教に改宗してイサベルと名乗ったサイーダは、この地でサンチョ・アルフォンセス王子を生んだ。実際のところ、サイーダはムラービト朝によって太守の座を追われたアル・ムタビトがアルフォンソ6世に協力を求めたため差し出された人質であり、コルドバアミールであった先夫との間に子供ももうけていた。1108年に起きたウクレスの戦いでは3000人ものキリスト教徒の騎士たちが死に、その中にはアルフォンソ6世の唯一の男子サンチョ・アルフォンセスがいた。

1163年、アルフォンソ8世はウクレスを聖ヨハネ騎士団へ授けた。

1174年、アルフォンソ8世はウクレスをサンティアゴ騎士団へ授けた。ウクレスはCaput Ordinisと呼ばれる本部が置かれた。この譲渡と並行して、貴族の子弟を教育する場所が設けられた。1179年、騎士団長ペドロ・フェルナンデスと王はウクレスへの植民を進めた。

1493年、最後の騎士団長アロンソ・デ・カルデナスが死去すると、カトリック両王は騎士団の管理権を渡すようローマ教皇へ請願した。1494年から1516年までフェルナンド2世が騎士団管理者となり、1516年からカルロス1世が騎士団を王権のもとに統合した。1492年にグラナダが陥落しイスラム教徒がイベリア半島から駆逐されたことで、国土の奪還という騎士団の使命は終わり、ウクレスは長い衰退の時代に入った。

1528年、現在もあるウクレス修道院の建設が始まった。1548年、古い城の上に現在もある修道院食堂が建てられていた。1567年、フェリーペ2世の命令により古い防衛設備が壊され、アルバラーナの塔への武器供給が行われた。教会の工事は1602年まで続けられた。

1809年1月13日、スペイン軍とナポレオン軍がウクレスで戦った(ウクレスの戦い)。勝者となったフランス軍は戦闘後、町全体と修道院を掠奪した。かごを抱えた修道士たちは物笑いの種にされ、町の精肉店で男たちの首が切られた。300人の女性たちは性的暴行を加えられ、彼女たちの絶叫は町の教会の中でそうするように沈黙させられてしまったのである。

人口[編集]

出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3]


政治[編集]

自治体首長はカスティーリャ=ラ・マンチャ社会党Partido Socialista de Castilla-La Mancha、PSCM-PSOE)のアンヘル・ガルシーア・ロドリゲス(Ángel García Rodríguez)[4]で、自治体評議員は、カスティーリャ=ラ・マンチャ社会党:4、カスティーリャ=ラ・マンチャ国民党(Partido Popular de Castilla-La Mancha、PPCLM):1となっている(2011年5月22日の自治体選挙結果、得票順)[5]

司法行政[編集]

ウクレスはタランコン司法管轄区に属す[6]

建築物[編集]

ウクレスの歴史的遺産は、近郊に建設予定の風力発電所によって脅かされている。数世紀に渡って保たれてきた景観と環境が、高さ121mある14基の風車の設置で破壊され、ローマ都市セゴブリガ(es)へ向かう途上で衆目を集めるだろう。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Población, superficie y densidad por municipios” (スペイン語). INE(スペイン国立統計局). 2011年12月8日閲覧。
  2. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  3. ^ Series de población desde 1996. Cifras oficiales de la Revisión anual del Padrón municipal a 1 de enero de cada año.
  4. ^ Alcaldes Elecciones 2011” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Política Territorial y Administración Pública. 2011年12月8日閲覧。
  5. ^ Elecciones Locales 2011” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Interior. 2011年12月8日閲覧。
  6. ^ Tarancón, partido judicial nº2 de Cuenca” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年12月8日閲覧。

外部リンク[編集]