ウォーレスクマタカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウォーレスクマタカ
ウォーレスクマタカ
ウォーレスクマタカ Spizaetus nanus
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Falconiformes
: タカ科 Accipitridae
: クマタカ属 Spixaetus
: ウォーレスクマタカ S. nanus
学名
Spizaetus nanus Wallace, 1868
和名
ウォーレスクマタカ
英名
Small hawk-eagle
Wallace's hawk-eagle

ウォーレスクマタカSpizaetus nanus)は、タカ目タカ科クマタカ属に分類される鳥類

分布[編集]

インドネシアスマトラ島ボルネオ島)、タイブルネイマレーシアミャンマー

形態[編集]

全長45-58cm。体重0.5-0.6kgとクマタカ属最小種。種小名nanusは「小さい」の意。頭頂の羽毛が伸長(冠羽)する。上面や翼、尾羽は濃褐色、下面は淡褐色の羽毛で覆われる。嘴の基部から頸部へ向かう斑紋(顎線)は黒い。喉は白い。胸部には濃褐色の縦縞、腹部や尾羽基部の下面(下尾筒)、人間でいう足の甲(ふ蹠)を覆う羽毛には濃褐色の横縞が入る。

虹彩は黄色。嘴の色彩は黒い。後肢の色彩は黄色。

生態[編集]

標高1000m以下の熱帯雨林に生息する。

食性は動物食で、小形哺乳類、鳥類、爬虫類などを食べる。

繁殖形態は卵生。30m以上の高木の樹上に巣を作る。

人間との関係[編集]

和名や英名は本種を記載したAlfred Russel Wallaceに由来する。

開発による生息地の破壊などにより生息数は減少している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ5 東南アジアの島々』、講談社2000年、70-71、153頁。

外部リンク[編集]