ウィレム・ルーロフス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィレム・ルーロフス
Willem Roelofs
Willem Roelofs by Jozef Israëls.jpg
ヨゼフ・イスラエルスによる肖像画〈1892年)
生誕 (1822-03-10) 1822年3月10日
オランダの旗 オランダ アムステルダム
死没 (1897-03-12) 1897年3月12日(75歳没)
 ベルギー アントウェルペン・ベルヘム地区
国籍 オランダの旗 オランダ
著名な実績 油絵水彩画エッチングリトグラフ
運動・動向 ハーグ派の先駆
この人に影響を
受けた芸術家
ハーグ派

ウィレム・ルーロフスWillem Roelofs、1822年3月10日 - 1897年3月12日)は、オランダの画家、版画家。

生涯[編集]

1822年、アムステルダムで生まれた。子供の時に家族がユトレヒトに移り、彼はそこでAbraham Hendrik Winterから絵を習った[1]。1839年、今度はハーグに移り、彼は美術アカデミーで学ぶとともにH. G. van de Sande Bakhuyzenのアトリエで修行した。

1847年、ハーグの絵画協会Pulchri Studioの立上げに関わった。同年、突然ハーグを去ってベルギーのブリュッセルに移り、そこで1887年まで暮らした。1866年から1869年まで、後にハーグ派の中心人物となるHendrik Willem Mesdagを教えた。そのほかにもPaul Gabriëlなどの画家が彼の下で学んだ。1850年、フランスのフォンテーヌブローを訪れてバルビゾン派に魅了された[1]。彼は1852年及び1855年にもフォンテーヌブローを再訪している。1856年、ブリュッセルのベルギー水彩画協会の設立に助力した。

後にハーグ派の中心となる画家たちに大きな影響を与えた。また、1880年秋、ブリュッセルを訪れたフィンセント・ファン・ゴッホに対して、アカデミーへの入学を勧めた。

画業のほかに、昆虫学の研究を行い、甲虫類を専門にしていた。彼はイラスト入りの科学雑誌でその研究を発表したほか、ライデンの自然史博物館(現オランダ国立自然史博物館)のために種の特定を行った。1855年、ベルギー昆虫学協会を設立し、1878年会長に就任している。ゾウムシ科の充実したコレクションは、ブリュッセル自然史博物館の甲虫類コレクションの基礎となった。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Museum van Boijmans Beuningen. “Willem Roelofs”. Collectie Boijmans,nl. 2012年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]