ウィリアムズ X-ジェット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウィリアムズ X-ジェット

シアトル航空博物館に現存するプロトタイプ

シアトル航空博物館に現存するプロトタイプ

ウィリアムズ X-ジェット(Williams X-Jet)とはウィリアムズ・インターナショナル社によって1970年頃代から1980年まで開発された一人乗りの小型VTOLジェット機である。 ヘリコプターや無人機に勝る点が無く、試作機のみで量産はされなかった。

仕様[編集]

  • 乗員: 1
  • 全高: 4フィート (1.22 m)
  • 面積: 4 ft2 (0.4 m2)
  • 空虚重量: 401 lb (182 kg)
  • 全備重量: 550 lb (250 kg)
  • エンジン: 1 × ウィリアムズ F107, 600 lbf (2.7 kN)
  • 最高速度: 60 mph (96 km/h)
  • 飛行時間: 30-45分
  • 実用上昇限度: 10,000 ft (3,049 m)
  • 推力比: 1.11

参考文献[編集]

英語版wikipediaのウィリアムズX-ジェットの記事による。

外部リンク[編集]