ウァレリウス・ロムルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウァレリウス・ロムルスラテン語: Marcus Valerius Romulus, 292年または295年 - 309年)はローマ帝国執政官(308年 - 309年)。後の皇帝マクセンティウスの長男として生まれ、母親は皇帝ガレリウスの娘ウァレリア・マクシミラ英語版

幼少期にはclarissimus puerの称号を持ち、その後nobilissimus virの称号を得た。308年には父と共に執政官に就任し、310年には単独の執政官になる予定であったが、309年に早世したことにより実現しなかった。墓所はアッピア街道沿いのマクセンティウスの競技場横に建てられている。死後、神格化されフォルム・ロマヌム近くにロムルス廟英語版が造られた。

関連する遺跡[編集]

  • ロムルスの墓
アッピア街道州立公園内のマクセンティウスの競技場横にある
  • ロムルス廟(現 Santi Cosma e Damiano サンティ・コスマ・エ・ダミアーノ聖堂)
フォルム・ロマヌム
ロムルス廟 
ロムルスの墓