イヴァナ・コビルツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イヴァナ・コビルツァ(1910年頃の自画像)

イヴァナ・コビルツァ(Ivana Kobilca、1861年12月20日 - 1926年12月4日)はスロベニアの画家である。

略歴[編集]

当時、オーストリア=ハンガリー帝国であったリュブリャナで生まれた。リュブリャナの女性画家、Ida Künl(1853-?)に学んだ後、16歳で画家になるために父親とウィーンに出て、ウィーンの美術館の巨匠の作品を模写して修行した。1881年から1891年までミュンヘンで修行し、肖像画家のAlois Erdeltの元で学び、農民を描いた絵を描き、ミュンヘンの画家フリッツ・フォン・ウーデの推薦でサロン・ド・パリに出展した。1889年にリュブリャナで個展を開き、1890年にザグレブで個展を開いた。1891年から1892年の間はパリに滞在し、しばらくアンリ・ジェルベクスの画塾で学んだ。1892年には多くの画家が集まった村、バルビゾンで描いた。1894年にフィレンチェを訪れた後、サラエヴォに住み、教会の装飾画も描き、書籍の挿画も描いた。1906年から1914年まではベルリンで暮らし、その後リュブリャナに住んだ。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Mastnak, (2004). "Ivana Kobilca in možnosti likovnega izobraževanja za ženske v 19. stoletju", v: Časopis za kritiko znanosti, domišljijo in novo antropologijo, letnik 32, št. 215/216, pp. 93-107 (COBISS)
  • Menaše, Ljerka (1952). Umetniški razvoj Ivane Kobilce, v: Zbornik za umetnostno zgodovino = Archives d'histoire de l'art. Nova vrsta, letnik II. Ljubljana, Državna založba Slovenije, pp. 115–164. (COBISS)
  • Trdina, Silva (1952). Ivana Kobilca, v: Zbornik za umetnostno zgodovino = Archives d'histoire de l'art. Nova vrsta, letnik II. Ljubljana, Državna založba Slovenije, pp. 93–114.(COBISS)