イルデガルド・ド・ブルゴーニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イルデガルド・ド・ブルゴーニュ
Hildegarde de Bourgogne
ガスコーニュ公妃
アキテーヌ公妃
配偶者 アキテーヌ公ギヨーム8世
子女 ギヨーム9世
アニェス
ベアトリス
ユーグ
家名 ブルゴーニュ家
父親 ブルゴーニュ公ロベール1世
母親 エルマンガルド・ダンジュー
出生 1056年
死亡 1104年9月9日
テンプレートを表示

イルデガルド・ド・ブルゴーニュHildegarde de Bourgogne, 1056年頃 - 1104年9月9日)は、フランスの貴族[1]女性で、ガスコーニュ公兼アキテーヌ公ギヨーム8世と結婚し、ガスコーニュ公妃兼アキテーヌ公妃となった。

ブルゴーニュ公ロベール1世と2番目の妻エルマンガルド・ダンジューガティネ伯ジョフロワ2世の未亡人)の間に生まれた唯一の娘である[2]

ガティネ家のイルデガルド・ド・シャトー=ランドン、アンジュー伯ジョフロワ3世、フルク4世は異父姉・異父兄に当たる。

生涯[編集]

イルデガルドの息子、ギヨーム9世

かなり年上の又従兄に当たるアキテーヌ公ギヨーム8世 と結婚し3人目の妃となり[3]、以下4人の子をもうけた。

息子ギヨームの誕生はアキテーヌの公室で盛大に祝われるが、教会からはイルデガルドとギヨーム8世血縁ゆえに非嫡出子とみなされた。

ギヨーム8世ローマ教皇グレゴリウス7世よりイルデガルドとの結婚の祝福を得るために間もなくローマへの巡礼をすることを強いられた。

参考文献[編集]

  1. ^ Hildegarde of Burgundy”. Encyclopedia of Things (2012年3月12日). 2012年5月2日閲覧。
  2. ^ Halphen, L. & Poupardin, R. (eds.). 1913. Chroniques des Comtes d´Anjou et des Seigneurs d´Amboise, p. 247.
  3. ^ Herbert Stoyanによる系図データベース
  4. ^ Chronicon Regum Legionensium
  5. ^ D'après l'article Alphonse VI de León, citant Salazar y Acha, Jaime de (1993). “Contribución al reinado de Alfonso VI de Castilla: algunas aclaraciones sobre su política matrimonial” (スペイン語). Real Academia Matritense de Heráldica y Genealogía (Madrid) II: 301–336. ISSN 1133-1240. https://books.google.com/books?id=4vYu4DcPqnoC&lpg=PP1&pg=PA303#v=onepage&q&f=false.