イメディング家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

イメディング家(Immedinger)は、ザクセン朝時代のザクセン出身の貴族の家系。女系を通してザクセン朝の先祖にあたる。

歴史[編集]

イメディング家はオストファーレン(en)に広大な領土を持ち、カール大帝と敵対関係にあったヴェストファーレンヴィドゥキントの子孫であった。イメディング家の修道院はインナーシュテにあるリンゲルハイム修道院であった。

一族の著名な人物[編集]

系図[編集]

 
ヴィドゥキント
 
ゲファ(Geva)
(755-807)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギーゼラ
=エンゲルン公ブルノ1世の子ベルノ
 
ヴィクベルト
 
オドランデ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴァルベルト
(-876)
 
アルトブルゲ
(-880)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マティルデ
ヘルフォルト女子修道院長
 
レギンベルン
 
ヴィクベルト
(-908)
ヴェルダン司教
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラインヒルデ
 
ディートリヒ
ヴェストファーレン伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィドゥキント
(-909)
 
 
 
 
 
 
 
インメート3世
(-953.10.12)
 
レギンベルン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マティルデ
=東フランク王ハインリヒ1世
 
ヴィドゥキント
 
インメート
 
レギンベルン
 
ビア
=ヴィヒマン1世・ビルング
 
フレデルナ
(-917)
=西フランク王シャルル3世
 
アマルラダ
=エーバーハルト(エッツォ家、964没)
 
ヴァルデレト
 
インメート4世
(-983.1.27)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ザクセン朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディートリヒ
(-995.3.6)
ザクセン宮中伯
 
ジークベルト
(-995.10.14)
リースガウ伯
 
マインヴェルク
(-1036.6.5/6)
ハルバーシュタットの司祭
パーダーボルン司教
 
エンマ
ヘルマン・ビルングの子リウトガー
 

参考文献[編集]

  • Uwe Ohainski, Ernst Schubert & Gerhard Streich: Stammtafel der Welfen, nach den Originalquellen bearbeitet von Heinrich Böttger (†), Königlicher Bibliothek-Secretair. Herausgegeben von F. Klindworth, 1865. Verlag Hahnsche Buchhandlung Hannover, 2004 ISBN 3-7752-6019-6