イムコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
IMCO Triplex Super

イムコ(IMCO/IMCO Österreichische Feuerzeug- und Metallwarenfabrik GmbH)はオーストリア首都ウィーンにあるライター及び金属製品製造メーカーである。1907年金属ボタンメーカーとして創業。1918年よりライターの製造を開始。シンプルで機械的なオイルライターは、一部で根強い人気がある。

沿革[編集]

イムコは1907年にユリウス・マイスターによって、ボタンメーカーとして創業した。当時のオーストリアはハプスブルク家によるオーストリア=ハンガリー帝国であった。1914年に勃発した第一次世界大戦で、帝国はドイツ帝国とともに同盟国側として参戦。帝国政府の依頼に基づき、戦地で兵士が使用するためのライター「Ifa(イーファ)」を1918年より製造開始した。なお、「イーファ」は現代もなお「トレンチライター」という名称でさまざまなメーカーによってレプリカ生産されている。

以後も軍用の納入は続き、第二次世界大戦ではアメリカ軍将兵がジッポー、イギリス軍将兵がロンソンを使用したのに対し、ドイツ軍将兵はイムコを愛用した。

ライター以外にもクリップステープラ、その他タバコ関連の商品などを販売している。

2012年4月に、イムコはライター製造の幕を閉じた。その後、日本の柘製作所が、2013年2月に「IMCO」ブランドを正式に引き継ぎ、「イムコ」の象徴ともいえる「スーパー」を完全復刻した(ただし、実際の生産国は中国であり、細かい部品や使用材質も異なる。)。

オイルライター製品[編集]

トリプレックススーパー。風防は下げた(風が入るようになっている)状態

主力製品であるライター「トリプレックススーパー(通称「スーパー」)」は、かつて戦地で兵士が使用するものとして製造された経緯から、大量生産に向いた簡素、軽量、細身なライターであり、かつ分解やアレンジ、メンテナンスなども容易な機械的デザインで、安価でありながら非常に洗練された構造であるのが特徴である。収納状態ではウィック(芯)が金属製のスリーブで覆われるなど、オイル容器の気密性にも優れている。同社はライターの構造に関して、ほぼ創業以来一貫して改変を加えていない。

また、戦地で使用するものとして、普通のライターにはない特殊な使用法も可能である。部品を一つ一つ簡単に分解できるため、ウィック(芯)が付属するオイルタンクを本体から完全に分離することができる。このタンクは直立するため、着火状態のままタンクを直立させることで、ロウソクのように使用したり、戦地では伝令の代わりなどにも使用されたという(火を灯し、脇にメモや指示書を置き去る)[要出典]

オイルライターの老舗として世界中で人気をもつジッポー社の創業は1932年であり、イムコは創業・製造ともそれより早い。そのため、ジッポーを含む世界中ほぼ全てのオイルライターのフリントとウィックはイムコ社の規格に基づいており、コンビニエンスストアの使い捨てライターなども例外ではない。現在では互換品の使用は推奨されていないが、交換自体は可能である。

主要商品
  • トリプレックススーパー(オイルタンク部分が丸く、外側に可動式の風防カバーが付いている)
  • トリプレックスジュニア(スーパーの廉価版。可動式風防がない)
  • ストリームライン(オイルタンクが四角状で薄型。上記二種と違い平べったい形状をしている)
  • パイプライター(ガス注入式のパイプ用)

外部リンク[編集]

  • IMCO (イムコ社の公式サイト:ドイツ語、一部英語及びオランダ語)
  • イムコ - 柘製作所(日本語)