イデアル (カメラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イデアルIdeal )はヒュッティヒから発売されたカメラである。当時最高級カメラとして知られていた。

8×10.5cm(手札)判[1]、9×12cm(大手札)判[2]、13×18cm(大キャビネ)判などがある。写真乾板とフィルムパックの兼用。

1909年ヒュティッヒがイカに合同した際にも、さらには1926年イカがツァイス・イコンに合同してからも[3]短期間ながら引き続き販売された。

脚注[編集]

  1. ^ 『クラシックカメラ専科』p.103。
  2. ^ 『ツァイス・イコン物語』p.20。
  3. ^ 『ツァイス・イコン物語』p.88。

参考文献[編集]