イソ酪酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イソ酪酸
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 79-31-2
日化辞番号 J3.840G
KEGG C02632
特性
化学式 C4H8O2
モル質量 88.11 g mol−1
外観 無色液体
密度 0.950 g/cm3、液体 (20 ℃)
融点

−47 ℃

沸点

154 ℃

酸解離定数 pKa 4.84 (20 ℃)
屈折率 (nD) 1.3930 (20 ℃)
関連する物質
関連する異性体 酪酸
関連物質 イソブチリルCoA
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

イソ酪酸(イソらくさん、Isobutyric acid)は、分子式 C4H8O2、示性式 (CH3)2CHCOOH のカルボン酸の一種。酪酸構造異性体で、ジメチル酢酸などの別名がある。分子量は 88.11、CAS登録番号は [79-31-2]。

常温・常圧において無色透明で不快な刺激臭がある油状液体で、融点 −47 ℃・沸点 154 ℃。酪酸と同様に弱酸だが、腐食性があるので取扱いには注意を要する。

消防法による第4類危険物 第2石油類に該当する[1]

イソブタノール酸化によって得られるが、酪酸と異なり発酵では生成しない。工業的にはn-ブタノール製造時の副生成物として得られ、生産量はn-ブタノールの1/10以下。天然には遊離酸あるいはエステルとしてマメ科セリ科植物中に存在する。

には少し溶解するほか、エタノール・各種エーテルとは任意の割合で混じり合う。

脚注[編集]

  1. ^ 法規情報 (東京化成工業株式会社)