イサト酸無水物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イサト酸無水物
Isatoic anhydride.PNG
IUPAC名8-オキサ-10-アザビシクロ[4.4.0]デカ-1,3,5-トリエン-7,9-ジオン
別名ベンズオキサジンジオン
1H-ベンゾ[d][1,3]オキサジン-2,4-ジオン
2H-3,1-ベンズオキサジン-2,4 (1H)-ジオン
2H-3,1-ベンズオキサジン-2,4(1H)-ジオン
N-カルボキシアントラニル酸無水物
分子式C8H5NO3
分子量163.13
CAS登録番号118-48-9

イサト酸無水物(イサトさんむすいぶつ、Isatoic anhydride)は、化学式がC8H5NO3複素環式化合物である。

ベンズイソオキサゾールまたはアントラニル酸クロロギ酸エチルを反応させるか、アントラニル酸ナトリウムホスゲンを反応させることによって得られる。エタノールまたは酢酸再結晶させると柱状晶、アセトンで再結晶させると板状晶となる。230 - 253℃で分解し、明確な融点を示さない。アセトンには溶けるが、アルコールには溶けにくい。ベンゼンクロロホルムエーテルには溶けない。

塩基と反応するとを形成し、二酸化炭素を通すと原料を再生する。また、塩基を過剰量用いるとイサト酸塩が得られる。これに酸を加えるとイサト酸とならずにアントラニル酸と二酸化炭素に分解する。

関連項目[編集]