イオン・ウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イオン・ウルス(Ion Ursu, 1948年11月5日 - )は、ソビエト連邦モルドバ共和国の職業的諜報員、モルドバ情報・保安庁長官。少将。

略歴[編集]

ポンプ設計局、缶詰工場で実習生として働く。1975~1980年、「ルチ」工場の技術技師、労働組合長、1980~1987年、モルドバ共産党中央執行委員会課長、監察官。

1989~1991年、ソ連国家保安委員会 (KGB) の班長、課長、1991年、国家保安省人事課長、1992~1993年、省情報部長を代行。1993~1999年、国家保安次官。1998年11月、准将の階級を授与された。2000年、情報・保安次官に任命。

2001年12月21日、議会決定により、情報・保安庁長官に任命。2005年3月、少将に昇進。

パーソナル[編集]

フインチェシュ地区ウルム村出身。1973年にキシニョフ政治大学、1989年にソ連KGB高等学校を卒業。

妻帯、2児を有する。