アーネスト・ルポア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アーネスト・ルポア(Ernest Lepore)は、アメリカ合衆国哲学者認知科学者。ラトガース大学認知科学センターの臨時ディレクター、同大学教授言語哲学心の哲学の業績でよく知られ、ジェリー・フォーダー、ハーマン・カプラン、カーク・ルードウィグとしばしば協働している。また、哲学的論理学ドナルド・デイヴィドソン研究でも著名である。ルポアはミネソタ大学博士号を取得した。教え子には次の人物がいる。ケント・ジョンソン、アダム・セネット、サム・カミング、ウィル・スター、マイケル・ジョンソン、トム・ドナルドソン、ルヴェル・アンダーソン、ジョシュ・アームストロング。ルポア教授は現在、ラトガース大学で教えている。

著作[編集]

  • Handbook in Philosophy of Language, ed. with B. Smith, (Oxford University Press, 2006)
  • Insensitive Semantics, with Herman Cappelen (2004, Basil Blackwell)
  • Donald Davidson: Truth, Meaning, Rationality in Mind, with Kirk Ludwig (Oxford University Press, 2005)
  • Donald Davidson's truth-theoretic Semantics, with Kirk Ludwig (Oxford University Press, 2007),
  • Meaning and Argument, with Sam Cumming (Blackwell, 2000)
  • Holism: A Shopper's Guide, with Jerry Fodor (Blackwell, 1991)
    ジェリー・フォーダー共著、柴田正良訳『意味の全体論――ホーリズム、そのお買い物ガイド』産業図書、1997年
  • The Compositionality Papers, with Jerry Fodor (Oxford University Press, 2002)
  • What Every Student Should Know with Sarah-Jane Leslie (Rutgers Press, 2002).

外部リンク[編集]