アン・オブライエン (第2代オークニー女伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第2代オークニー女伯爵アン・オブライエン英語: Anne O'Brien, 2nd Countess of Orkney、旧姓ダグラス=ハミルトンDouglas-Hamilton)、1696年1756年12月6日)は、スコットランド貴族

生涯[編集]

初代オークニー伯爵ジョージ・ダグラス=ハミルトンエリザベス・ヴィリアーズ英語版の長女として生まれた[1]

1720年3月28日、第4代インチクィン伯爵ウィリアム・オブライエン(1777年7月18日没)と結婚、3男1女を儲けた[1]

  • メアリー(1721年頃 – 1790年) - 第3代オークニー女伯爵
  • ウィリアム(1725年 – 1727年4月4日) - 夭折
  • ジョージ(1728年4月26日没) - 夭折
  • マーロウ(Murrough、1741年9月20日没)

1737年1月29日に父が死去すると、オークニー女伯爵の爵位を継承した[1]

1756年12月7日に死去、息子全員に先立たれたため娘メアリーが爵位を継承した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1537.
スコットランドの爵位
先代:
ジョージ・ダグラス=ハミルトン
オークニー女伯爵
1737年 – 1756年
次代:
メアリー・オブライエン