アントン・アイゼルスベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アントン・フライヘア・フォン・アイゼルスベルク(Ludwig Grillich, 1917年)

アントン・フライヘア・フォン・アイゼルスベルク(Anton Freiherr von Eiselsberg、1860年7月31日 - 1939年10月25日)はオーストリア医学者である。 脳神経外科学の創始者のひとりである。

オーストリアのオーバーエスターライヒ州に生まれた。テオドール・ビルロートに学んでユトレヒト大学の医学教授、ケーニヒスベルク大学の教授を務めた後、ウィーン大学に造られた外科学部長となった。1910年にオーストリア癌学会の創立者のひとりとなり、オーストリア科学アカデミーの名誉会員となった。ウィーンに緊急外科ステーションの設立に尽力し、事故による患者の治療効果を劇的に向上した。

1927年にイングランド王立外科医師会リスター・メダルを受賞し、1927年7月、王立外科医師会で記念講演を行った。第二次世界大戦の初めに列車の衝突事故に巻き込まれて死亡した。

著作[編集]

  • Die Werkstatt des Chirurgen. 1912.
  • Die Hypophyse. Vienna, 1930.
  • Lebensweg eines Chirurgen. Vienna, Tyrolia, 1938.

参考文献[編集]

  • Paul (1982). “Our surgical heritage. Anton von Eiselsberg”. Zentralblatt fur Chirurgie 107 (7): 418–21. PMID 7048805. 
  • Rutkow (1980). “The letters of William Halsted and Anton von Eiselsberg: a very special friendship”. Archives of surgery (Chicago, Ill. : 1960) 115 (8): 993–1001. PMID 6994682. 
  • Michler; Benedum, J (1970). “The letters from Jacques-Louis Reverdin and Theodore Kocher to Anton v. Eiselsberg. A study on the discovery of deficiency symptoms following total extirpation of the thyroid gland”. Gesnerus 27 (3): 169–84. PMID 4927249. 
  • Schmid (1960). “On the 100th birthday of Professor Anton von EISELSBERG”. Wiener medizinische Wochenschrift (1946) 110: 923–4. PMID 13747908. 

外部リンク[編集]