アンデスフラミンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンデスフラミンゴ
アンデスフラミンゴ
アンデスフラミンゴ Phoenicoparrus andinus
保全状況評価[1][2][3]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: フラミンゴ目 Phoenicopteriformes
: フラミンゴ科 Phoenicopteridae
: アンデスフラミンゴ属 Phoenicoparrus
: アンデスフラミンゴ P. andinus
学名
Phoenicoparrus andinus
Philippi, 1854[3]
和名
アンデスフラミンゴ[4][5]
英名
Andean flamingo[3][4][5]

アンデスフラミンゴPhoenicoparrus andinus)は、鳥綱フラミンゴ目フラミンゴ科アンデスフラミンゴ属に分類される鳥類。

分布[編集]

アルゼンチン北西部、チリ北部、ペルー南西部、ボリビア南西部[5]

種小名andinusは「アンデスの」の意で、和名や英名(Andean)と同義。

形態[編集]

全長120センチメートル[4][5]。体重2-2.4キログラム。全身は淡赤色[5]。尾羽は白い[5]。初列風切や次列風切は黒い[5]

嘴は大型[5]。嘴や後肢は黄色[4][5]

生態[編集]

標高2,300 - 4,500メートルにある[3]、草原内の湖沼などに生息する[5]。非繁殖期には小規模な群れで生活し、食物を求めて放浪する[5]

主に珪藻藍藻などを食べる[5]

繁殖様式は卵生。主に12月から翌2月に、1個の卵を産む[3]

人間との関係[編集]

生息地では卵が食用とされる[3][5]

鉱業による影響、天候不順や水利用による渇水、食用の乱獲、人間による攪乱などにより生息数は減少した[3]。1990年代中期までに生息数が激減したものの、2016年現在は1990年代中期以降の生息数は安定していると考えられている[3]。1975年のワシントン条約発効時からワシントン条約附属書IIに掲載されている(1983年からはフラミンゴ科単位で)[2]。1970年代における生息数は150,000羽と推定されている[5]。1980年代中期の生息数は50,000 - 100,000羽、1990年代中期の生息数は34,000羽と推定されている[3]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Appendices I, II and III<https://cites.org/eng>(Accessed 01/07/2019)
  2. ^ a b UNEP (2019). Phoenicoparrus andinus. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Accessed 01/07/2019)
  3. ^ a b c d e f g h i BirdLife International 2016. Phoenicoparrus andinus. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22697387A93611749. http://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22697387A93611749.en. Downloaded on 01 July 2019.
  4. ^ a b c d 小森厚 「フラミンゴ科の分類」『世界の動物 分類と飼育8 コウノトリ目+フラミンゴ目』黒田長久・森岡弘之監修、東京動物園協会、1985年、133-138頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 竹下信雄 「アンデスフラミンゴ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社、2001年、182-183頁。

関連項目[編集]