アンデスフラミンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンデスフラミンゴ
アンデスフラミンゴ
アンデスフラミンゴ Phoenicoparrus andinus
保全状況評価[a 1][a 2]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: フラミンゴ目 Phoenicopteriformes
: フラミンゴ科 Phoenicopteridae
: Phoenicoparrus
: アンデスフラミンゴ P. andinus
学名
Phoenicoparrus andinus
Philippi, 1854
和名
アンデスフラミンゴ
英名
Andean flamingo

アンデスフラミンゴPhoenicoparrus andinus)は、鳥綱フラミンゴ目フラミンゴ科に分類される鳥類。

分布[編集]

アルゼンチン北西部、チリ北部、ペルー南西部、ボリビア南西部[1][2]

種小名andinusは「アンデスの」の意で、和名や英名(Andean)と同義。

形態[編集]

全長120センチメートル[1]。体重2-2.4キログラム。全身の羽衣は淡赤色[1][2]。尾羽は白い[1]。初列風切や次列風切は黒い[1]

嘴は大型[1]。後肢には第1趾がない。嘴や後肢は黄色で、嘴の先端は黒い[1]

生態[編集]

標高2,300-4,500mにある草原内の湖沼などに生息する[1][2]。非繁殖期には小規模な群れで生活し、食物を求めて放浪する[1]

食性は植物食で、主に藻類を食べる[1][2]

繁殖形態は卵生。繁殖期には大規模な群れを形成して集団繁殖地(コロニー)を形成し、他種の鳥類と混合コロニーを形成することもある[2]。浅瀬に泥を積み上げた塚状の巣に[1]、1回に1個の卵を産む[2]。抱卵期間は4週間[2]。雛は生後10-12週間で巣立つ[2]

人間との関係[編集]

生息地では卵も含めて食用とされ[1]、脂肪は結核の薬になると信じられている[2]

水質汚染、食用の乱獲などにより生息数は減少している[1][2]。1970年代における生息数は150,000羽と推定されている[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社2001年、58-59、182-183頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『絶滅危惧動物百科2 アイアイ―ウサギ(アラゲウサギ)』 財団法人自然環境研究センター監訳、朝倉書店2008年、46-47頁。
  • 『世界の動物|分類と飼育 コウノトリ目+フラミンゴ目』、財団法人東京動物園協会、1985年、138頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2008. Phoenicoparrus andinus. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1.