アンテフ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンテフ3世
Intef III
ゲベル・シルシラにあるアンテラ3世像
ゲベル・シルシラにあるアンテラ3世像
古代エジプトファラオ
統治期間 紀元前2069年 - 紀元前2061年,エジプト第11王朝
前王 アンテフ2世
次王 メンチュヘテプ2世
子息 メンチュヘテプ2世
子女 ネフェル
アンテフ2世
埋葬地 デル・エル・バハリ英語版

アンテフ3世(Intef III)は、エジプト第11王朝エジプト第1中間期ファラオである。在位は紀元前2069年から紀元前2061年。即位名はナクトネブテプネフェルNakjtnebtepnefer)で、「ホルス、勝者、良い始まりの神」という意味である。

墓はテーベにある列墓であり、功績についてはほとんど知られていない。アンテフ3世は、父のアンテフ2世が勝ち取った、上エジプトの17州に及ぶ領土を守った。また彼はアスワンにあるヘカイブ英語版第6王朝の王子)という名前の王子の荒れ果てた墓を修復したことが知られている[1]。短いが平和な8年間の治世を終え、息子のメンチュヘテプ2世に王位を譲った。アンテフ3世は、アンテフ1世、アンテフ2世と並んで、メンチュヘテプ2世の埋葬殿があるデル・エル・バハリ英語版の近くの列墓に葬られた。アンテフ3世の孫はメンチュヘテプ3世で、娘のネフェルは自身の兄弟と結婚した。

出典[編集]

  1. ^ Sir Alan Gardiner, Egypt of the Pharaohs, Oxford University Press 1961, p. 120

関連文献[編集]

  • W. Grajetzki, The Middle Kingdom of Ancient Egypt: History, Archaeology and Society, Duckworth, London 2006 ISBN 0-7156-3435-6, 15-17
先代:
アンテフ2世
エジプト第11王朝
3代
紀元前2069年 - 紀元前2061年
次代:
メンチュヘテプ2世