メンチュヘテプ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メンチュヘテプ3世
Mentuhotep III
Mentuhotep-OsirideStatue-CloseUp MuseumOfFineArtsBoston.png
古代エジプトファラオ
統治期間 紀元前2010年 - 紀元前1998年,エジプト第11王朝
前王 メンチュヘテプ2世
次王 メンチュヘテプ4世
配偶者 イミ
子息 メンチュヘテプ4世
メンチュヘテプ2世
テム

メンチュヘテプ3世(Mentuhotep III, 在位:紀元前2010年 - 紀元前1998年)は、古代エジプト第11王朝の第5代ファラオ(王)。

エジプトの国土を再統一した父メンチュヘテプ2世は、50年という当時としては非常に長期間に渡って玉座にあったため、息子であるメンチュヘテプ3世も即位した時には既にかなりの高齢だった[1]。その統治期間は12年と比較的短かったが、その頃は既に父王の統一事業によって国力が十分に蓄えられていたため、多数の建築事業を推進し、資材を調達するための遠征も行うなど、安定した時代を継続することができた[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ クレイトン 1999, p.96
  2. ^ クレイトン 1999, p.96 - 97

参考文献[編集]

  • ピーター・クレイトン『古代エジプトファラオ歴代誌』吉村作治監修、藤沢邦子訳、創元社、1999年4月。ISBN 978-4-422-21512-9
  • エイダン・ドドソン、ディアン・ヒルトン『全系図付エジプト歴代王朝史』池田裕訳、東洋書林、2012年5月。ISBN 978-4-88721-798-0
先代:
メンチュヘテプ2世
古代エジプト王
前2010年 - 1998年
次代:
メンチュヘテプ4世