アンダーソン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンダーソン島英語: Andersson Island)は、南極南極半島北端部(トリニティ半島)の一角、タバリン半島英語版東端にある島である。かつては「ロサメル島」と呼ばれていた。

この島は、1838年にフランスの南極探検隊によって発見され、フランス海軍中将のClaude Charles Marie du Campe de Rosamelにちなんで命名された。この島は、第二次フランス探検隊の中間地点となった。ジュール・デュモン・デュルヴィルは、AstrolabeZeleeの艦上がどうしようもない状態になった時には、この島に錨をおろした。Astrolabeの乗員の大多数は壊血病の症状を示しており、デッキに煙や悪臭が充満したりすることもあった。

1902年に行われたスウェーデンの南極探検では、この島は、隊をスノー・ヒル島から救った船Uruguayにちなんで「ウルグアイ島」と名付けられた。

最終的に、1949年11月21日に、この島はアンダーソン島と改名された。これは、スウェーデンの隊に仕えた地理学者ユハン・アンデショーンにちなんだ名前である。この改名は、グレアム海岸の沖に位置するウルグアイ島との混同を避けるために必要であった[1]

出典[編集]