アンクル・トマホーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンクル・トマホーク」(Uncle Tomahawk)は、アメリカインディアンが、白人にこびへつらうインディアン同胞に対して使う蔑称。

解説[編集]

「アンクル・トマホーク」は、従順な黒人奴隷を主人公に白人が書いた小説、『アンクル・トムの小屋』に登場する「アンクル・トム」を、1960年代の公民権運動のなか、黒人たちが「白人にこびへつらう黒人」につけた蔑称をもじったものである。

1860年代、アメリカ西部地方でインディアン部族と白人との「インディアン戦争」が激化するなか、白人の砦に出入りして、便宜を図ってもらう者も現れた。スー族ではレッド・クラウドスポッテッド・テイルのような人物がそれである。彼らは同族たちから「白人の砦にたかる奴ら」と呼ばれ、蔑まれた[1]

こういった「白人にこびへつらうインディアン」を、1960年代にインディアンたちが蔑称として呼び始めたのが「アンクル・トマホーク」である[2]

「アンクル・トマホーク」はこう説明される。「アンクル・トマホークは、白人の基準をより良いものとして、インディアンのアイデンティティーや文化を“Sold out”(売り切った)した者たちである」[3]

類似語[編集]

インディアンが同族に使う同様の蔑称としては、「アップル」(林檎)がある。これは文字通り、「外身は赤いが中身は白い」(白人のようにふるまうインディアン)という意味である。

また黒人の「アンクル・トム」、インディアンの「アンクル・トマホーク」の他に、同様の意味で中国系アメリカ人は「アンクル・トン」(Uncle Tong)という蔑称を使う[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『Crazy Horse』(Larry McMurtry, A Penguin Lives1999)
  2. ^ 『Lakota Woman』(Mary Crowdog,Richard Eadoes,Grove Weidenfeld.1990)
  3. ^ 『Blood Politics: Race, Culture, and Identity in the Cherokee Nation of Oklahoma』(Circe Dawn Sturm,University of California Press,2002)
  4. ^ 『The Tom Caricature,Jim Crow of racist memorabbia』(David Pilgrim,Ferris State University, 2000)

参考文献[編集]

  • 『Blood Politics: Race, Culture, and Identity in the Cherokee Nation of Oklahoma』(Circe Dawn Sturm,University of California Press,2002)