アル・プン・アブイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アル・プン・アブイ
Logo-elpuntavui-4.png
El Punt Avui Girona.jpg
ジローナ支局
種別 日刊紙
所有者 エルメス・コムニカシオネス
設立 2011年7月31日
政治的傾向 カタルーニャ民族主義カタルーニャ独立主義
言語 カタルーニャ語
本社所在地 スペインの旗 スペインカタルーニャ州バルセロナジローナ
ウェブサイト アル・プン・アブイ

アル・プン・アブイ』(カタルーニャ語: El Punt Avui)は、スペインカタルーニャ州バルセロナ県バルセロナジローナ県ジローナに拠点を置く日刊紙カタルーニャ語紙である。2011年7月31日にアル・プン紙とアブイ英語版が合併して設立された。

歴史[編集]

スペインの民主化移行期英語版の1976年4月23日には、カタルーニャ地方の主都であるバルセロナ県バルセロナカタルーニャ語紙のアブイ英語版紙が創刊された。3年後の1979年2月24日には、ジローナ県の県都ジローナでカタルーニャ語紙のプン・ディアリ紙が創刊され、1990年にアル・プン紙に紙名を変更した。ジローナ市長やカタルーニャ州首相を務めたカルラス・プッチダモンはアル・プン紙で働いていた経験がある[1]

2009年11月27日、アル・プン紙の発行元であるエルメス・コムニカシオネス社は、アブイ紙の発行元であるカタラナ・デ・コムニカシオン社を買収し[2]、両紙のウェブ版は紙面より先に統合された。2011年7月31日には紙面も統合され、アル・プン・アブイ紙となった[3]。カタルーニャ州にはスペイン語紙のラ・バングアルディア紙とエル・ペリオディコ・デ・カタルーニャ紙という二大紙があり、カタルーニャ語紙のアル・プン・アブイ紙は二大紙に次ぐ存在を目標としている。アル・プン・アブイ紙以外のカタルーニャ語紙には、2010年4月11日にバルセロナで創刊されたアラ英語版紙などがある。

特徴[編集]

カタルーニャ州版とジローナ県版を発行している[4]。論調はカタルーニャ民族主義カタルーニャ独立主義である[5]。カタルーニャ州政府からカタルーニャ語メディアに対する助成金を得ている[5]。2010年7月から2011年6月の調査によると、アル・プン紙とアブイ紙には計295,000人の読者がいた。電子版の利用者数は640,000人/月である[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]