アルマン・セガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルマン・セガン
Armand Seguin
Sequin autoportrait.jpg
アルマン・セガン(自画像)
生誕 1869年4月15日
フランスの旗 フランス, パリ
死没 1903年12月30日
フランスの旗 フランス, シャトーヌフ=デュ=フー
運動・動向 ポン=タヴァン派

アルマン・セガン(Armand Félix Abel Seguin、1869年4月15日 - 1903年12月30日)はフランスの画家である。ポール・ゴーギャンを含む多くの画家たちとともに、ブルターニュのポン=タヴァンで活動した「ポン=タヴァン派」の画家の一人である。「ナビ派」の画家の展覧会にも出展した。

略歴[編集]

パリで実業家の家に生まれた。祖父に皮革産業に重要な発見をした同名の化学者、薬学者のアルマン・セガン(Armand Jean François Séguin: 1767-1835)がいる。パリのエコール・デ・ボザールや私立の美術学校のアカデミー・ジュリアンで学んだ。アンリ=ガブリエル・イベルスやアンリ・ド・グルーと友人になり、ポール・セリュジエとも知り合い、「綜合主義」(サンテティスム)の影響を受けた。1888年にカフェ・ヴォルピーニで開かれた「印象主義および綜合主義グループ」展でゴーギャンの作品を見て、ゴーギャンに傾倒し、ブルターニュにゴーギャンを訪ね、「ポン=タヴァン派」の画家として活動するようになった。ゴーギャンの他に、シャルル・ラヴァルエミール・ベルナール、ロドリック・オコナー、シャルル・フィリジェアンリ・モレエミール・ジュールダンといった画家から指導を受けた。ポール・セリュジエが中心となった美術家グループ「ナビ派」の展覧会にも出展した。

ポスト印象派」のスタイルで描き、「象徴主義」の傾向も見られる。1890年代には主にブルターニュの風景や人物を描いたが、その後、文学を題材にしたりパリの女性も描いた。

1893年にアンデパンダン展に出展し、1895年にパリで個展を開き成功した。木版画や銅版画も製作し書籍の挿絵も描いた。日記をつけていてポン=タヴァン派の歴史について雑誌「L'Occident」に記事を書いたことがある。

多くのポン=タヴァン派の芸術家と同じようにアルコール中毒者であった。1903年に肺炎に罹り34歳で没した。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Peter H. Feist e.a.: Armand Séguin, 1869-1903 (samenstelling Ingo F. Walther), Taschen, München, 2010. ISBN 9783836522908
  • Richard S. Field: The prints of Armand Seguin, 1869-1903. Davison Art Center, Wesleyan University, Middletown, Connecticut.