アルベルト・ケルシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルベルト・ケルシャー
Albert Kerscher
生誕 1916年3月29日
Flag of the German Empire.svg ドイツ帝国
バイエルン王国
死没 2011年6月12日
Flag of Germany.svg ドイツ連邦共和国
バイエルン州インゴルシュタット
所属組織 Balkenkreuz.svg ドイツ国防軍陸軍
Bundeswehr Kreuz.svg ドイツ連邦軍陸軍
軍歴 ?–1945
1956–69
最終階級 曹長 (国防軍)
上級准尉 (連邦軍)
テンプレートを表示

アルベルト・ケルシャードイツ語: Albert Kerscher1916年3月29日 - 2011年6月12日)は、ドイツの軍人。最終階級はドイツ国防軍陸軍で曹長、ドイツ連邦軍陸軍で上級准尉。

経歴[編集]

ケルシャーは1916年3月29日バイエルン王国で生まれた。

第二次世界大戦では主に第502重戦車大隊(1945年1月より第511重戦車大隊へ改称)第2中隊に所属し、中隊長として重戦車ティーガーIを指揮した。1944年のナルヴァの戦いではオットー・カリウスと共同し、ソ連軍に大きな損害を与えている。

1944年7月22日、ケルシャーはカリウスとともにデューナブルク近郊のマリナーファへ偵察に赴いた。マリナーファに到着した直後、2人は援軍を求めて待機しているソ連の戦車部隊を発見した。彼らは背後にニーンスタット少尉を待機させ、2両のティーガーIで奇襲を敢行した。マリナーファにはソ連の重戦車IS-2中戦車T-34が集結していたが、彼らは僅か20分でIS-2を10両、T-34を7両撃破している。

東プロイセンに移動したケルシャーは、1945年4月13日に第511重戦車大隊の一員として50両から成るソ連の戦車部隊を撃破した。4月21日、彼はティーガーII四号戦車軽駆逐戦車ヘッツァーなどとともにピラウへ駆けつけ、民間人の撤退を支援した。23日に彼は負傷し、前線を離脱。終戦時にはイギリス軍の捕虜となっている。

1956年よりドイツ連邦軍に入隊し、1969年に上級准尉の階級で退役した。2011年6月12日バイエルン州インゴルシュタットで死去。

叙勲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Fellgiebel 2000, p. 208.

参考文献[編集]

  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 – Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Miltaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 

外部リンク[編集]