アルファマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルファマの眺め

アルファマAlfama)は、ポルトガルリスボンの旧市街。行政区の一つ。サン・ジョルジェ城テージョ川の間の丘陵に広がる。名前の由来はアラビア語Al-hamma、「泉」もしくは「風呂」を意味する。多くのファド酒場やレストラン、重要な歴史的建造物がたつ。

ムーア人支配時代、アルファマは市の中心地で、のち西側へ拡大した(隣はバイシャである)。アルファマは漁師と貧民が多く住んでいた。1755年のリスボン地震でアルファマは被害を受けず、狭い路地の迷路と小さな広場という、絵になるような光景が残った。古い邸宅の修繕や、新たにファドの聴けるレストランができている。

赤壁の装飾博物館前を通る、アルファマのトラム

アルファマを見下ろすのは、16世紀まで王宮であった中世の城サン・ジョルジェ城である。アルファマの急勾配は、近くのミラドゥロ・デ・サンタ・ルジア教会の名にちなみミラドゥラスと呼ばれる、市を眺めるテラスである。教会の近くには17世紀の美しい内装を保存した装飾博物館がある。

アルファマにある教会には、市内最古のリスボン大聖堂(12世紀から14世紀の建築)、グラサ修道院(18世紀)、サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院(16世紀後半から18世紀)、バロック様式サンタ・エングラシア教会(17世紀)がある。

座標: 北緯38度42分44秒 西経9度07分48秒 / 北緯38.71222度 西経9.13000度 / 38.71222; -9.13000