アリスから魔法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アリスから魔法』(アリスからマジック)は、松本夏実作の漫画作品。

概要[編集]

りぼん』2006年1月号から8月号まで連載された。単行本はりぼんマスコットコミックスから全2巻。いずれも版元は集英社

児童文学の傑作のひとつ『不思議の国のアリス』をモチーフにした作品。主人公の朝比奈ありすの名称や衣装、さらにメインキャラにウサギがいることからもそれは伺える。

作者の松本にとっては『聖・ドラゴンガール』シリーズ終了後初の連載であったが、8ヶ月で終了、以後『夢色パティシエール』で復帰するまで約2年間、読みきりですら『りぼん』本誌掲載がなかった。

あらすじ[編集]

タロット占いが好きな少女・朝比奈ありす。ある夜、大流星雨とともに空から落ちてきた一羽のウサギにぶつかってしまった。ミントと名乗るそのウサギが言うには、その流星雨の正体は、実は魔法王国ファンタジアから飛んできた魔法ジュエリーで、人間がそれに触れてしまったら、体内に取り込まれて大変なことになってしまうという。それを取り出すために、「アリスの鍵」なる物で人間の心の中に入り、探し出さなければならないのだ……