アラン・ワイズマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アラン・ワイズマン

アラン・ワイズマン(1947年[1]3月24日 - )は、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス生まれのジャーナリスト。数多くの新聞・雑誌に寄稿し、アリゾナ大学で国際ジャーナリズム学を教えるほか、ホームランズ・プロダクションでラジオドキュメンタリーの制作を手がけている。

概要[編集]

  • 現在はマサチューセッツ州に住んでいて彫刻家の妻がいる。
  • 5冊の著作を持つなど出版もしている[2]

既刊[編集]

備考[編集]

  • 1.著作の一つである「人類が消えた世界」は増版されるなど話題を呼んだ。キャッチコピーは「人類消滅後―私たちの家や町は、地球はどうなるのか?」。また、この著作をモデルにしたシミュレーション映像も製作されている。
  • 2.(1)の前にコロンビアでの自給自足の集落について書かれたGaviotasも発売予定。

出典[編集]

脚注[編集]