アムステルダム・コネクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アムステルダム・コネクション
荷蘭賭人頭
監督 ロー・ケー、ファン・ムイサン
製作 ミラン
製作総指揮 K・K・ウォン
制作会社 Milan (H.K.) Film Company
公開 香港の旗1978年5月25日
製作国 香港の旗 イギリス領香港
言語 英語
テンプレートを表示

アムステルダム・コネクション』(原題:荷蘭賭人頭)は、香港で製作されたカンフー映画。日本では劇場未公開となっている。

あらすじ[編集]

香港の二人の青年ウィンとバンは、ファニーという女性を巡って仲違いをし、半ばやけくそになって別々の犯罪組織に加入する。ウィンは叔父チョウの元に身を寄せ、バンはハンという人物の手下となるが、その後チョウとハンとの間で抗争が発生。バンはハンを見限り、自分もチョウの組織へ入る。ファニーは現状に不満を持ち、香港を去って渡欧。アムステルダムのチョウを頼るが、チョウは悪者で彼女をコールガールに仕立てようとしたりする。しかしウィンとバンはファニーの勧めにより和解。実はチョウは欧州でも他の犯罪組織との対立を抱えており、会合のためパリに移動。話し合いは決裂、ウィンとバンの武道の師匠であるルイも敵に回る。二人はルイに殺されそうになるが、奇策によりルイを倒す。二人はそのまま組織から離脱。チョウの手下達の多くはフランスの官憲に捕らえられるが、チョウ自身は逃亡。しかしアムステルダムに戻ったあと何者かに銃撃されて死亡した。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]