アミーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アミーンアラビア語: الامين محمد al-Amīn Muḥammad787年 - 813年)は、アッバース朝第6代カリフ(在位:809年 - 813年)。

ハールーン・アッラシードの次男。母はハールーン・アッラシードの正妃ズバイダ。異母兄にマームーンがいたが、彼の母のマラージルはペルシャ人奴隷出身であったため、アミーンに家督が回って来た。兄弟の争いが絶えず、813年に暗殺される。死後、兄マームーンにカリフ位を譲ると密約していたが、その約束を破り、子に譲ろうとしたため、内乱を招く。歴代カリフの中でも最高峰の文化人の一人で、国内の国際文化を奨励し、また自らも教養豊かな人物であったとされる。

参考文献[編集]

先代:
ハールーン・アッ=ラシード
アッバース朝
809年 - 813年
次代:
マームーン