アマーリア・フロイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アマーリア・フロイト(Amalia Freud、1835年 - 1930年)は、ヤコブ・フロイトの2番目(もしくは3番目の)妻であり、ジークムント・フロイトの母である。結婚前の名前はアマーリア・ナータンゾーン(Amalia Nathansohn)。

ブロディ(現ウクライナガリツィア)出身のアシュケナジーで、ユダヤ法学者レブ・ナータン・ハレーヴィの子孫と伝えられている。

21歳の時にジークムント・フロイトを出産。この後に5人の子(アンナ、ローザ、ミッチー、アドルフィーネ、パウラ、アレクサンダー)を産んでいる。

95歳の時に結核によって死亡した。