アポフェニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アポフェニア: apophenia)とは、無作為あるいは無意味な情報の中から、規則性や関連性を見出す知覚作用のことである[1]。1958年にドイツ人の心理学者クラウス・コンラッド統合失調症前駆症状を詳細に記述し、患者が最初に妄想を経験したという事実を反映するために、(ギリシャ語のapo [離れた場所] + phaenein)新語を作り出した。[2]

ギャンブルなどのランダムな情報のパターンを模索する普遍的な傾向を暗示している。

[編集]

パレイドリア[編集]

僅かの顔の特徴で顔と認識する例

無作為な画像または音の一種を示す。一般的な例は、無生物の顔認識である。自動車のヘッドライトやグリルに笑顔を、月に人の顔や兎を人を。[3] トーストや木の穀物に聖人の顔を認識する。[4]

オーバーフィット[編集]

統計機械学習では、過剰適合として知られる例である。統計モデルが信号ではなくノイズに適合する場合に発生し、一般化可能なパターンが母集団でなく特定のデータまたは観測結果に合致する。

ギャンブラーの誤謬[編集]

ギャンブラーは、富くじカードゲームルーレットの数字から傾向を見出す。[5]

隠された意味[編集]

易断や占いは、大抵の人が意味のない偶然の出来事とみなすであろう目に見える分かりやすいパターンにしばしば基づく。

出典[編集]

  1. ^ 『マンガでわかる行動経済学』2014年、サイエンス・アイ新書、88頁。
  2. ^ Mishara, Aaron (2010). “Klaus Conrad (1905–1961): Delusional Mood, Psychosis and Beginning Schizophrenia.”. Schizophr Bull 36 (1): 9–13. doi:10.1093/schbul/sbp144. PMC 2800156. PMID 19965934. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2800156. 
  3. ^ Svoboda, Elizabeth (2007年2月13日). “Facial Recognition – Brain – Faces, Faces Everywhere”. New York Times. https://www.nytimes.com/2007/02/13/health/psychology/13face.html 2010年7月3日閲覧。 
  4. ^ Apophenia”. Medical-answers.org. 2011年6月29日閲覧。
  5. ^ May 28, 2007 at 9:49 pm (2007年5月24日). “Apophenia & Illusory Correlation « Paul Xavier Waterstone”. Waterstone.wordpress.com. 2011年6月29日閲覧。