アフトフラモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OAO アフトフラモス
(OAO Avtoframos)
企業形態 合弁会社
業種 輸送用機器
設立 1998年
本拠所在地 ロシアの旗 ロシアモスクワ
製品 自動車
従業員数 2,300人

アフトフラモス英語: Avtoframosロシア語: Автофрамос)はロシアの自動車製造会社。フランスルノーモスクワ市政府が設立した合弁企業であり、モスクワに本社を置く。社名のアフトは自動車、フラモスはフランスとモスクワを意味する。2009年時点で、ルノーが94.1%の株式を、モスクワ銀行 (Bank of Moscow) が残りの5.9%をそれぞれ保有している[1]

製品[編集]

ルノー・ロガン

2002年末から2004年にかけてクリオⅡのセダンであるシンボルを製造していた[2][3]

2005年からはロガンを製造している。2007年の総生産は69,000台にのぼり、2008年には73,000台に増加した[4]

2009年には、サンデロハッチバックの製造を開始し、2011年にはダスターも加わることになっている[5][6]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Алексей Непомнящий, Юлия Федоринова. «Я сказал Путину, что наличных у нас нет», — Кристиан Эстев, старший вице-президент Renault, генеральный директор Renault в России // Ведомости, 09.11.2009, 211 (2481)
  2. ^ Moscow - Avtoframos”. Renault. 2011年9月29日閲覧。
  3. ^ Renault Clio Simbol: Никакой символики” (Russian). AutoCentre (2009年1月13日). 2011年9月29日閲覧。
  4. ^ «Автофрамос» увеличил производство несмотря на кризис, Motor.ru, 2008/12/25
  5. ^ В России прекратилось производство старых "Логанов", Motor.ru, 18.12.2009
  6. ^ На "Автофрамосе" будут выпускать кроссовер, Motor.ru, 08.12.2009