アデライード・ド・ブラバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アデライード・ド・ブラバン
Adélaïde de Brabant
ブローニュ女伯
出生 1190年
死去 1265年
配偶者 リーネック伯・ルーン伯アルヌルフ3世
  オーヴェルニュ伯ギヨーム10世
  アルヌール2世・ド・ウェーゼマール
子女 ロベール5世
マリー
マティルド
父親 ブラバント公アンリ1世
母親 マティルド・ド・ロレーヌ
テンプレートを表示

アデライード・ド・ブラバン(Adélaïde de Brabant, 1190年頃 - 1265年)は、ブローニュ女伯(在位:1262年 - 1265年)。ブラバント公アンリ1世とブローニュ女伯マリーの娘マティルドとの間の娘。

1206年にリーネック伯・ルーン伯アルヌルフ3世(1221年没)と結婚した。

アルヌルフ3世の死後、1225年2月3日にオーヴェルニュ伯ギヨーム10世と結婚し、以下の3人の子女をもうけた。

  • ロベール5世(1225年頃 - 1277年) - オーヴェルニュ伯およびブローニュ伯
  • マリー(1225年頃 - 1280年) - 1238年にメヘレン領主ゴーティエ7世(1225年頃 - 1286年頃)と結婚
  • マティルド(1230年頃 - 1280年) - 1255年頃にオーヴェルニュのドーファン・クレルモン伯ロベール3世と結婚

ギヨーム10世の死後、1251年にアルヌール2世・ド・ウェーゼマールの2度目の妻となった。1259年に従姉妹でブローニュ女伯であったマティルド・ド・ダンマルタンが死去すると、自身の甥ブラバント公アンリ3世、マティルドの父方の従姉妹オマール女伯ジャンヌ・ド・ダンマルタンおよびマティルドの最初の夫の甥にあたるルイ9世とブローニュ伯領の相続を争ったが、最終的にパリ高等法院はアデライードの相続を認めた。アデライードはその数年後に死去した。

参考文献[編集]

  • Meredith P. Lillich , Rainbow Like an Emerald: Stained Glass in Lorraine in the Thirteenth and Early Fourteenth Centuries, Penn State Press, 1991, p. 114-117
  • Belgisch tijdschrift voor geschiedenis philology , vol. 80 (Part 3-4), University Foundation, 2002, p. 1138
  • The Foundation for Medieval Genealogy


先代:
マティルド・ド・ダンマルタン
ブローニュ女伯
1262年 - 1265年
次代:
ロベール5世