アップアニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アップアニー
App Annie Inc.
App Annie Navy Logo.png
種類 私企業
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
CA 94108
One Kearny Building, 23 Geary Street, サンフランシスコカリフォルニア州
北緯37度47分16秒 西経122度24分13秒 / 北緯37.78778度 西経122.40361度 / 37.78778; -122.40361座標: 北緯37度47分16秒 西経122度24分13秒 / 北緯37.78778度 西経122.40361度 / 37.78778; -122.40361
設立 2010年
業種 情報通信
事業内容 アプリの市場データの提供
代表者 テッド・クランツ (CEO)
外部リンク App Annie
テンプレートを表示

アップアニー: App Annie Inc.)は、アプリに関する市場データと分析ツールを提供している、アメリカ合衆国の私企業。アプリパブリッシャー上位100社の9割以上が利用し、アプリの調査会社としては世界で最も広く利用される企業となっている[1]

本拠地はサンフランシスコ。世界11の国と地域に13のオフィスを持ち、日本では東京(霞ヶ関)に拠点(App Annie Japan)を持つ。フランス・パリ出身のバートランド・シュミット(Bertrand Schmitt)が、中国・北京で起業[2]、2018年以降はテッド・クランツがCEOを務めている[3]

沿革[編集]

  • 2010年3月、英語版ウェブサイト開設。iOSを対象としたアプリのランキング情報Store Statsを提供。
  • 2012年2月、Google Playを調査対象に追加。
  • 2012年8月、サンフランシスコにオフィス開設。
  • 2012年12月、東京とロンドンにオフィス開設。
  • 2013年春、Amazon AppstoreWindowsストアを調査対象に追加。
  • 2013年秋、広告プラットフォームのデータを統合するAdvertising Analyticsのサービス開始。
  • 2014年5月、オランダのDistimo社を買収[4]
  • 2014年冬、アプリユーザーの属性や関連アプリ情報を提供するAudience Intelligenceのサービス開始。
  • 2015年5月、カナダのMobidia社を買収[5]
  • 2015年11月、ベルリンパリにオフィス開設[6]
  • 2017年12月、登録ユーザー数が100万を突破[7]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 世界一のアプリ情報提供会社の秘訣”. フォーブス (2015年11月25日). 2015年12月6日閲覧。
  2. ^ インタビュー アプリの未来を担うトップが語る真のグローバリズム”. Tech通信. 2015年12月6日閲覧。
  3. ^ App Annie日本代表ディレクターに向井俊介が就任”. PR TIMES (2019年1月4日). 2015年12月6日閲覧。
  4. ^ App Annie Acquires Distimo and Raises New Investment Round (PDF)” (英語). App Annie (2014年5月28日). 2015年12月6日閲覧。
  5. ^ Mobidia社の買収、日本を含む60カ国・20万アプリの利用状況データの提供開始について”. PR TIMES (2015年5月7日). 2015年12月6日閲覧。
  6. ^ App Annie製品利用者が50万人突破!”. PR TIMES (2015年11月9日). 2015年12月6日閲覧。
  7. ^ 世界のアプリ市場データを保有し、登録ユーザー100万人を超えるApp Annie、2017年のアプリ市場を振り返る総括レポートを公開”. PR TIMES (2018年1月18日). 2019年5月1日閲覧。

外部リンク[編集]