アダプト・プログラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アダプト・プログラム (英語Adopt program) は、市民行政が協働で進める清掃活動をベースとしたまち美化プログラム。アダプト (Adopt) とは英語で「○○を養子にする」の意味。一定区画の公共の場所を養子にみたて、市民がわが子のように愛情をもって面倒をみ(清掃美化を行い)、行政がこれを支援する制度。一部地域ではアドプト・プログラムと表記している。

概要[編集]

道路河川公園などの管理責任者は国、都道府県、市町村であり、管理責任者ごとにプログラムが導入されている。市民はその一定区間を預かりうけ、清掃活動などを実施する。

特徴[編集]

  • 市民と行政による協働事業であり、役割分担がされる。
市民の役割の例…清掃活動、除草、花植え、違法広告撤去、砂まき(豪雪地帯等)など
行政の役割の例…清掃に必要な用具の貸与、ごみの回収、サインボードの設置、ボランティア保険の加入など
  • 合意書による締結 - 役割分担を明記し、市民と自治体が調印する
  • サインボード - 活動場所に設置。団体名やプログラム名が記載されている。
  • まちの美化を目的とした環境美化事業としてだけでなく、市民協働事業の一環として導入されることもある。

アメリカのアダプト・プログラム[編集]

1985年、ハイウェイにおける散乱ごみの清掃費の削減を目的にアメリカテキサス州で始まった。従来からある道路清掃ボランティアをベースに発展させ,独自にプログラム化。1985年テキサス州で初めて導入されてから10年でほぼ全米に広がる。活動目的は清掃美化と経費削減とはっきりしている。契約社会であるため、合意書の力が強い。州の運輸局が担当。

日本における導入事例[編集]

1998年、徳島県神山町で初めて導入。以後、日本全国で400以上の自治体(都道府県・市町村)で導入され、500以上のプログラムが稼働している。(2011年末現在) [1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アダプト・プログラム導入概況一覧(全国普及状況)(食品容器環境美化協会HP内)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]