アゾフ・コサック軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アゾフ・コサック軍ウクライナ語:Азовське козацьке військо)は、1832年5月27日ロシア皇帝の号令によりウクライナ・コサックから編制されたロシア帝国の国境防衛軍である。

概要[編集]

1828年から1829年にかけてのロシア・トルコ戦争中、ヨスィプ・フラドクィーイが率いる1500人のウクライナ・コサック(ドナウ・コサック)オスマン帝国側からロシア帝国側へ寝返り、ドナウ・コサック連隊としてロシア帝国軍に編制された。1831年にその連隊が南ウクライナアゾフ海に面しているカテルィノスラウ県に移され、アゾフ海の西海岸の防備に当てられた。1832年5月27日にドナウ・コサック連隊はアゾフ・コサック軍に改名され、軍役と引き換えに税金・労役が免ぜられて内政自治制が公認された。コサックは軍のオタマーンとしてヨスィプ・フラドクィーイを選び、軍の行政の中心をペトロヴシカ町、さらにマリウポリ市に置いた。1862年から1864年にかけて、ロシア政府がコサックの一部を強制的にクバニ地方へ移住させ、北カフカースの国境の防衛を任じたため、ウクライナを離れたくないコサックは蜂起を起こした。しかし、蜂起は間もなく鎮圧され、1864年10月11日の皇帝の号令によりアゾフ・コサック軍は廃止された。残るコサックは農民に帰させられ、軍の武器、軍記、印鑑などがクバニ・コサック軍に渡された。

参考文献[編集]

  • (ウクライナ語) Маленко Л. Азовське козацьке військо (1828—1866). Запоріжжя, 2000.

外部リンク[編集]