アセツル酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アセツル酸
識別情報
略称 AcGly
CAS登録番号 543-24-8
PubChem 10972
ChemSpider 10507
特性
化学式 C4H7NO3
モル質量 117.1 g mol−1
外観 白色粉末か針状結晶
融点

206–208 °C

への溶解度 2.7% at 15 °C
酸解離定数 pKa 3.64
危険性
Sフレーズ S24/25
関連する物質
関連物質 N-アセチルグリシンアミド
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アセツル酸 (Aceturic acid) またはN-アセチルグリシン (N-acetylglycine) は、アミノ酸グリシン誘導体である。またはエステルはaceturatesと呼ばれる。

合成[編集]

アセツル酸はグリシンを微量過剰量の無水酢酸ベンゼン中で加温するか[1]、等モル量の無水酢酸と氷酢酸中で加温して合成する[2]

出典[編集]

  1. ^ Radenhausen (1895). J. Prakt. Chem. 52: 437. 
  2. ^ Dakin (1929). J. Biol. Chem. 82: 443.