アジア・タイムズ・オンライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Asia Times Online
種別 オンライン新聞
設立 1999年
言語 英語、中国語
ウェブサイト www.atimes.com

アジア・タイムズ・オンライン英語:Asia Times Online)は、1999年に香港(中国)を拠点に創設された日刊のオンライン新聞。略して「ATol」と呼ばれる。英語と中国語で発行される。前身はアジア通貨危機の影響で、1997年半ばに廃刊となった日刊紙「アジア・タイムズ」。その理念を引き継ぎ、「アジアからの視点」をモットーにアジア地域の政治や経済、社会問題に特化して報道している。収入源は広告収入や他メディアへのニュース配信料、広告の無い有料サイトのatimes.net[1]の購読料などとなっている。日本からは元朝日新聞記者の高橋浩祐氏が2004年から定期的に寄稿している。

一日平均の読者の訪問者数、いわゆるビジター数は9万人に達し、アジアのニュースサイトとしてはアクセス数の最も多い人気サイトの一つ[2]ニューヨーク・タイムズ2006年、アジア・タイムズ・オンラインを「アジアの最も優れたメディアの一つ」と称した[3]

記事[編集]

  • 2017年4月3日、トッド・ロイヤルによる意見として、日本は核兵器を保有すべきであるとした論説が掲載された[4]。日本政府は当時、従軍慰安婦問題への対処に抗議して設置された韓国プサンの日本総領事館前の慰安婦像に抗議するために総領事らを一時帰国させるなどしていたが、同日、帰任を決定した[5]

脚注[編集]

外部リンク[編集]