アシュラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アシュラム(新王国暦484年 - )は、水野良ファンタジー小説『ロードス島戦記』『黒衣の騎士』『クリスタニア』などに登場する架空の人物。マーモ帝国の暗黒騎士であり、"黒衣の騎士"、"黒衣の将軍"などの異名で呼ばれる。マーモ帝国滅亡時にマーモの民を率い脱出して以降は"漂流王"とも呼ばれる。

経歴[編集]

5代前は千年王国アラニアの王家という名門貴族の出自であるが、アラニア貴族だった父が政争に敗れ、政敵によって一族とともに暗黒の島マーモへ流刑となる。父母は生存競争の厳しいマーモでの環境に耐えきれず、早くに亡くなった。

幼少期を過ごしたダークタウン(ペルセイ)では少年ギャングを組織し、そのリーダーとなることで生き残る術を身に付けた。新王国暦499年、サルバドの評議会の傭兵となっていた折、マーモ帝国を建国途上にあったベルドと戦うが、その際に10年近くアシュラムの腹心を務めたオーエンが裏切る。ベルド、そしてベルドの加勢に出現したダークエルフ・アスタールと共闘して危機を脱した後、これに従う。

皇帝ベルドに心酔しており、マーモ帝国の建国後は暗黒騎士、近衛騎士隊長となる。「影纏い(シャドウ・ウィルダー)」という黒い鎧を装備していたことから"黒衣の騎士"と畏怖された。その剣技は自由騎士パーンをして「三撃目までを受け止められれば一流の戦士」と評されたほどに鋭く容赦ないものであった。OVA版では、砦を預かる騎士隊長の騎乗突撃を全く問題にせず、一合にも及ばずこれを斬り捨てる実力が描写された。なお、かつて魔神王が着用していた鎧も「影纏い(シャドウ・ウィルダー)」という名で呼ばれており、「RPGリプレイ ロードス島戦記II」では、アシュラムのそれは「魂砕き」と共にかつてベルドがデーモンから奪った物とされている。

新王国暦510年、英雄戦争でベルドが倒れた際も近衛騎士隊長として傍らにおり、ベルドの所持する魔剣「魂砕き(ソウル・クラッシュ)」を引き継ぐ(これ以降は肉体の老化が抑制される)。英雄戦争以後は暗黒騎士団でも群を抜く存在として"黒衣の将軍"と呼ばれ、最終的に騎士団を代表してマーモ評議会の一員となった。

新王国暦515年、マーモの覇権確立のため、「太守の秘宝」と称される古代の魔法具、特に「支配の王錫」の探索を行うが、怨敵カシューや自由騎士パーンらによってそのことごとくを阻まれる。探索に失敗し、カシューにも敗れたアシュラムは、この時諦観の心境に陥り、失敗の責を問われて団長の座を退き、旧ヴァリス領のアダンを占領する新将軍ジアドの配下に甘んじた。この際に「魂砕き」をジアドに接収されてしまっている。

しかしアダン奪還のため攻撃してきたヴァリス軍に加勢していたパーンと邂逅し、封じていた闘志と野望を再燃する。スレインが仕掛けた策にはまり敗北したジアドを見捨てて「魂砕き」を奪還し、ヴァリスからカノンに撤退して、再び将軍となる。以降、カノン自由軍のゲリラ活動に苦しめられながらも、カノンの統治に努める。統治者としてのアシュラムは「過酷ではあるが公平」と評され、無法を働く者はたとえマーモの高官であっても厳罰に処したため、民衆から恐れられながらも少なからぬ支持を集めた。

新王国暦525年の邪神戦争末期、ヴァリスによるアダン奪還とアラニアを下したフレイムによるカノン侵攻、更にカノン自由軍による港町ルード解放が重なると、アシュラムは王都カノンを放棄して軍勢をまとめマーモ島に撤退する。マーモ帝国崩壊の際はパーンと決闘した後、滅亡寸前のマーモ帝国になおも忠誠を誓う人々や妖魔を率いて、暗黒の民を受け入れてくれる新天地を求めて大海に脱出した。この時の顛末は小説「黒衣の騎士」で克明に描かれている。

後にクリスタニアへ漂着、神獣王バルバスと契約を交わし、クリスタニア入植の交換条件としてその魂を体内に受け入れる。それ以来アシュラムの魂は、神獣王バルバスの魂と身体の支配権を巡って300年以上にわたり戦い続けており、その間年老いることなく(これはバルバスの力とも、前述の「魂砕き」の効果とも言われている)眠り続けていた。約300年後に祭器「混沌輪」の力によって一旦はバルバスが覚醒し"神王"を名乗ったが、10年後に再び眠りにつき戦いを再開している。マーモの人々の末裔である暗黒の民からは"漂流王"と呼ばれ、帝国の象徴として崇拝されている。

部下[編集]

アシュラムが「支配の王錫」探索を行った際の一行には、闇の森の蛮族である戦士ギルラムとスメディ、ダークエルフの精霊使いアスタール、暗黒神の神官ガーベラ、黒の導師バグナードの弟子である魔術師グローダー、フレイム王国の戦神神殿の司祭ホッブなどが参加していた。生き残ったのはグローダーとホッブの2人である。

アスタールは、この中ではアシュラムとの付き合いが最も長く、ベルドの配下になる前のアシュラムが腹心オーエンに裏切られた際、命を救っている。カシューが率いる一行との戦いで命を落としたが、恩人であるアスタールの死はアシュラムに強い負い目を感じさせることになる。

グローダーは師バグナードから、「支配の王笏」ではなく別の祭器「魂の水晶球」を確保する密命を受けていたが、失敗したためバグナードから魔法を封じられてしまう。しかし探索行を続ける間にアシュラムへ心酔したグローダーは、以降バグナードと袂を分かち、魔法は失ったが賢者としてアシュラムの腹心になる。

ホッブはその後自由騎士パーンと行動を共にするが、マーモ帝国滅亡時のアシュラムとパーンの決闘後、パーンに促されて改めてアシュラムに従い、マーモを脱出する一行に加わった。

この他、ダークエルフの女性ピロテースはアシュラムと恋仲であるとも言われる。彼女はアスタールの妹で、探索に失敗し兄を無駄死にさせたとしてアシュラムを憎悪し、暗黒騎士団長を辞任していた時期のアシュラムの命を狙ったが、事情を知って矛を収め、後に彼を愛するようになった。ダークエルフの寿命は1000年程度だが、闇の森のハイ・ダークエルフであり無限の寿命を持つ彼女は“漂流王”の玉座の傍らに侍し、“シェール”と名乗っていつまでも彼の目覚めを待ち望んでいるという。

TRPGキャラクターとしてのアシュラム[編集]

「ロードス島戦記 D&Dライブ第二部」では、エキスパートレベルのプレイヤー達に対してマスタールールのスーツアーマーが目を引く高レベル戦士の敵NPCとして登場した。

ソードワールドRPGの「ロードス島ワールドガイド」では、超英雄ポイント5点を持つ9レベルファイターとされた。

担当声優[編集]

関連項目[編集]