アカンプト異性体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アカンプト異性体(アカンプトいせいたい、: Akamptisomer)は、結合角の反転が妨げられていることを特徴とする配座異性体の一種である。2018年に、一連の架橋ポルフィリン分子で初めて発見された[1][2]

出典[編集]

  1. ^ Lemonick, Sam (May 24, 2018). “Chemists claim they’ve defined the first new class of stereoisomers in 50 years”. Chemical & Engineering News 96 (22). https://cen.acs.org/physicalChemistry/chemicalBonding/Chemists-claim-ve-defined-first/96/i22. 
  2. ^ Canfield, Peter J.; Blake, Iain M.; Cai, Zheng-Li; Luck, Ian J.; Krausz, Elmars; Kobayashi, , Rika; Reimers, Jeffrey R.; Crossley, Maxwell J. (2018). “A new fundamental type of conformational isomerism”. Nature Chemistry 10: 615–624. Bibcode2018NatCh..10..615C. doi:10.1038/s41557-018-0043-6.