アウトピストス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アウトピストスギリシア語: αυτοπιστος[1])は、キリスト教の用語であり、神のことばである聖書が、「それ自身において信じられるべきもの」である[2]、すなわち聖書は自己証明的であるという意味である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現代ギリシャ語読みでは「アフトピストス
  2. ^ キリスト教綱要』1篇7章5節