アウグスティノス・カポディストリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アウグスティノス・カポディストリアス

アウグスティノス・カポディストリアスギリシア語: Αυγουστίνος Καποδίστριας, 1778年 - 1857年)は、ギリシャの政治家。初代大統領イオアニス・カポディストリアスの弟であり、1831年10月9日に兄が暗殺されるとその後を継いだ(統治1831年10月9日 - 1832年4月9日)。

兄イオアニスの死後、アウグスティノスおよび独立戦争時の指導者(カペタニオ)テオドロス・コロコトロニスイオアニス・コレティスの3人による共同統治がなされることになった。アウグスティノスは中央政府の権威を高める兄の政策を受け継いだが、それに反対する勢力との間で内戦が生じ、就任から6ヶ月後に職を辞任した。その後、当時ギリシャの保護国であった大英帝国フランスロシア帝国の間で事前に決定されていたとおり、バイエルン王国の王子がオソン1世としてギリシャを統治することになった。

先代:
イオアニス・カポディストリアス
ギリシャの大統領
第2代: 1831年 - 1832年
次代:
(統治評議会)