アイメイト協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

公益財団法人 アイメイト協会(アイメイトきょうかい)は、アイメイト(盲導犬)の育成訓練、視覚障害者の歩行・日常生活指導、歩行指導員の養成、盲導犬に関する社会啓発を行っている。

概略[編集]

1957年8月に国産第1号の盲導犬チャンピィ塩屋賢一(アイメイト協会創設者)が育成する。前身は1948年から研究を開始した日本盲導犬学校である。その後1972年に法人化され「東京盲導犬協会」と称した。アイメイト協会では、候補犬に対しての訓練を行なうとともに、視覚障害者に対して盲導犬を提供し、またそれに対して歩行訓練や日常生活のアドバイスや、歩行指導員を養成することを目指している。また盲導犬・視覚障害者を広く社会に認知してもらうことを目指し、手記やパンフレットの出版、見学会、体験活動の実施などの社会啓発活動を行っている。 アイメイト協会の出身の盲導犬を特にアイメイトと呼んでいる。

2007年4月には通算で1,000組を越えるペアを送り出した。これは同時期に日本盲導犬協会が送り出した盲導犬が393頭の二倍以上であり、日本で最も多く盲導犬を送り出している。また一頭当たりの育成コストも約608万円と、日本盲導犬協会の約4,114万円と比べると非常に少ない。[1]運営費は自治体からの委託費、並びに一般社会からの寄付等によって賄われる。

所在地[編集]

東京都練馬区関町北5-8-7

脚注[編集]

外部リンク[編集]