アイキン鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アイキン鉱
分類 硫化鉱物
シュツルンツ分類 02.HB.05a
Dana Classification 3.4.5.1
化学式 PbCuBiS3
対称 斜方晶 – 三方両錐形, ヘルマン・モーガン記号 (2/m 2/m 2/m), 空間群 Pbnm
単位格子 a = 11.297 Å, b = 11.654 Å, c = 4.061 Å, Z = 4
モル質量 575.92 g
晶癖 針状、塊状
へき開 {010} 不明瞭
モース硬度 2-2.5
光沢 金属質
鉛灰色、灰黒色、赤茶色
条痕 灰黒色
透明度 不透明
比重 6.1–6.8, 平均 = 6.44
その他の特性 非放射性
文献 [1][2]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

アイキン鉱(Aikinite)は、ビスマス硫化鉱物で、組成はPbCuBiS3である。黒色から灰色または赤茶色の針状斜方晶系結晶を作り、モース硬度は2-2.5、比重は6.1-6.8である。1843年にウラル山脈ベレゾフスキー鉱床で発見され、イギリスの鉱物学者アーサー・エイキンに因んで命名された。

出典[編集]

  1. ^ Aikinite. Webmineral
  2. ^ Aikinite. Mindat.org