アイオワ州選出のアメリカ合衆国上院議員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アイオワ州は、1846年12月28日に連邦に加わった。

上院議員一覧[編集]

第2部

第1部の上院議員は西暦年を6で除算したときの剰余が1と等しい年が任期末である。最近では1996年, 2002年, 2008年,2014年に改選されている。次の選挙は2020年を予定している。


第3部

第3部の上院議員は西暦年を6で除算したときの剰余が3と等しい年が任期末である。最近では1998年, 2004年,2010年,2016年に改選されている。次の選挙は2022年を予定している。

# 氏名 所属政党 在職期間 選挙歴

選挙歴 在職期間 所属政党 氏名 #
空席 1846年12月28日 –
1848年12月7日
いずれの候補者も必要得票に届かなかったため州議会が選出に失敗[1] 29 いずれの候補者も必要得票に届かなかったため州議会が選出に失敗[1] 1846年12月28日 –
1848年12月7日
空席
30
1 George Wallace Jones, US Senator.jpg
ジョージ・W・ジョーンズ
民主党 1848年12月7日 –
1859年3月3日
1848年選出 1 1 1848年選出 1848年12月7日 –
1855年2月22日
民主党 Augustus Caesar Dodge.jpg
オーガスタス・C・ドッジ
1
31 2 1849年再選

駐スペイン公司就任のため辞職
32
1852年再選

再指名に失敗
2 33
  1855年2月22日 –
1855年3月3日
空席
34 3 1855年選出

連邦上院は1957年1月5日、アイオワ州上院が関与していなかったことを理由に、ハーランの当選を無効と決定
1855年3月4日 –
1857年1月5日
自由土地党 James-Harlan.jpg
ジェイムズ・ハーラン
2
  1857年1月5日 –
1857年1月29日
空席
自らの当選無効による空席を補充するため再選出 1857年1月29日 –
1865年5月15日
共和党 James-Harlan.jpg
ジェイムズ・ハーラン
35
2 Hon. James W. Grimes, Iowa - NARA - 528410.jpg
ジェイムズ・W・グライムズ
共和党 1859年3月4日 –
1869年12月6日
1858年選出 3 36
37 4 1860年再選

内務長官就任のため辞職
38
1864年再選

病気のため辞職
4 39
  1865年5月15日 –
1866年1月13日
空席
ハーラン辞職による補欠選挙で選出[2]

再指名に失敗
1866年1月13日 –
1867年3月3日
共和党 Samuel Jordan Kirkwood.jpg
サミュエル・J・カークウッド
3
40 5 1866年1月13日選出[3]

再選に失敗
1867年3月4日 –
1873年3月3日
共和党 James-Harlan.jpg
ジェイムズ・ハーラン
4
41
空席 1869年12月6日 –
1870年1月18日
3 James B. Howell - History of Iowa.jpg
ジェイムズ・B・ハウエル
共和党 1870年1月18日 –
1871年3月3日
グライムズ辞職による補欠選挙で選出

引退
4 George Grover Wright.jpg
ジョージ・G・ライト
共和党 1871年3月4日 –
1877年3月3日
1870年選出

引退
5 42
43 6 1872年1月17日選出[4] 1873年3月4日 –
1908年8月4日
共和党 William B. Allison - Brady-Handy.jpg
ウィリアム・B・アリソン
5
44
5 Samuel Jordan Kirkwood.jpg
サミュエル・J・カークウッド
共和党 1877年3月4日 –
1881年3月7日
1876年 or 1877年選出

内務長官就任のため辞職
6 45
46 7 1878年1月23日再選[5]
47
6 James W. McDill - Brady-Handy.jpg
ジェイムズ・W・マクディル
共和党 1881年3月8日 –
1883年3月3日
カークウッド辞職による空席を補充するため任命

1882年1月25日カークウッド辞職による補欠選挙で選出[6]

引退
7 James Falconer Wilson - Brady-Handy.jpg
ジェイムズ・F・ウィルソン
共和党 1883年3月4日 –
1895年3月3日
1882年1月25日選出[7] 7 48
49 8 1884年1月23日再選[8]
50
1888年再選

引退
8 51
52 9 1890年3月5日再選[9]
53
8 John Henry Gear - Senator.jpg
ジョン・H・ギア
共和党 1895年3月4日 –
1900年7月14日
1894年1月17日選出[10]

1900年1月17日に再選される[11]が死去
9 54
55 10 1896年1月22日再選[12]
56
空席 1900年7月14日 –
1900年8月22日
9 Jonathan P. Dolliver - History of Iowa.jpg
ジョナサン・P・ドリヴァー
共和党 1900年8月22日 –
1910年10月15日
ギアの死亡による空席を補充するため任命
任期開始のため任命

1902年1月22日補欠選挙で選出[13]
10 57
58 11 1902年1月22日再選[14]

1908年に選挙でも再指名されたが、選挙の前に死去
59
1907年1月23日再選

死去
11 60
  1908年8月4日 –
1908年11月24日
空席
アリソン死去による補欠選挙で選出 1908年11月24日 –
1926年7月30日
共和党 Albert B Cummins.jpg
アルバート・B・カミンズ
6
61 12 1909年1月19日再選
空席 1910年10月15日 –
1910年11月12日
10 SenatorLafayetteYoung.jpg
ラファイエット・ヤング
共和党 1910年11月12日 –
1911年4月11日
ドリヴァー死去による空席を補充するため任命

補欠選挙で敗北
11 William Squire Kenyon.jpg
ウィリアム・S・ケニオン
共和党 1911年4月12日 –
1922年2月24日
ドリヴァー死去による補欠選挙で選出
62
1913年1月21日再選 12 63
64 13 1914年再選
65
1918年再選

第8巡回控訴裁判所判事就任のため辞職
13 66
67 14 1920年再選

再指名に失敗後、死去
12 Charles A Rawson - US Senator.jpg
チャールズ・A・ロウソン
共和党 1922年2月24日 –
1922年12月1日
ケニオン辞職による空席を補充するため任命

後継選出時に引退
13 Smith Wildman Brookhart.jpg
スミス・W・ブルックハート
共和党 1922年12月1日 –
1926年4月12日
ケニオン辞職による補欠選挙で選出
68
1924年再選

当選無効
14 69
14 Daniel Steck.jpg
ダニエル・F・ステック
民主党 1926年4月12日 –
1931年3月3日
前任者の当選が無効となり選出

再選に失敗
  1926年7月30日 –
1926年8月7日
空席
カミンズ死去による空席を補充するため任命

1926年11月10日カミンズ死去による補欠選挙で選出[15]

引退
1926年8月7日 –
1927年3月3日
共和党 David Wallace Stewart.jpg
デイヴィッド・W・スチュワート
7
70 15 1926年選出

再指名に失敗、無所属として出馬するが敗北
1927年3月4日 –
1933年3月3日
共和党 Smith Wildman Brookhart.jpg
スミス・W・ブルックハート
8
71
15 LJDickinson.jpg
レスター・J・ディッキンソン
共和党 1931年3月4日 –
1937年1月3日
1930年選出

再選に失敗
15 72
73 16 1932年選出

死去
1933年3月4日 –
1936年7月16日
民主党 SenatorRLouisMurphy.jpg
リチャード・L・マーフィー
9
74
  1936年7月16日 –
1936年11月3日
空席
マーフィー死去による補欠選挙で選出 1936年11月3日 –
1945年1月3日
民主党 Guy Mark Gillette.jpg
ガイ・ジレット
10
16 Clyde L. Herring, US Senator.jpg
クライド・L・ヘリング
民主党 1937年1月3日 –
1943年1月3日
1936年選出
アイオワ州知事の職にとどまることを選択し1937年1月15日まで議席につかなかったが上院議員として選出され資格を得ていた。

再選に失敗
16 75
76 17 1938年再選

再選に失敗
77
17 George Allison Wilson.jpg
ジョージ・A・ウィルソン
共和党 1943年1月3日 –
1949年1月3日
1942年選出
アイオワ州知事の職にとどまることを選択し1943年1月14日まで議席につかなかったが上院議員として選出され資格を得ていた。

再選に失敗
17 78
79 18 1944年選出 1945年1月3日 –
1969年1月3日
共和党 Bourke B. Hickenlooper.jpg
バーク・B・ヒッケンルーパー
11
80
18 Guy Mark Gillette.jpg
ガイ・ジレット
民主党 1949年1月3日 –
1955年1月3日
1948年選出

再選に失敗
18 81
82 19 1950年再選
83
19 Thomas Ellsworth Martin.jpg
トマス・E・マーティン
共和党 1955年1月3日 –
1961年1月3日
1954年選出

引退
19 84
85 20 1956年再選
86
20 SenatorJackMillerIA.jpg
ジャック・ミラー
共和党 1961年1月3日 –
1973年1月3日
1960年選出 20 87
88 21 1962年再選

引退
89
1966年再選

再選に失敗
21 90
91 22 1968年選出

引退
1969年1月3日 –
1975年1月3日
民主党 Harold Hughes, US Senator.jpg
ハロルド・ヒューズ
12
92
21 Senator dick clark.jpg
ディック・クラーク
民主党 1973年1月3日 –
1979年1月3日
1972年選出

再選に失敗
22 93
94 23 1974年選出

再選に失敗
1975年1月3日 –
1981年1月3日
民主党 John Culver.jpg
ジョン・カルヴァー
13
95
22 Roger Jepsen.JPG
ロジャー・ジェプセン
共和党 1979年1月3日 –
1985年1月3日
1978年選出

再選に失敗
23 96
97 24 1980年選出 1981年1月3日 –
現職
共和党 Sen Chuck Grassley official.jpg
チャック・グラスリー
14
98
23 Tom Harkin official portrait.jpg
トム・ハーキン
民主党 1985年1月3日 –
2015年1月3日
1984年選出 24 99
100 25 1986年再選
101
1990年再選 25 102
103 26 1992年再選
104
1996年再選 26 105
106 27 1998年再選
107
2002年再選 27 108
109 28 2004年再選
110
2008年再選

引退
28 111
112 29 2010年再選
113
24 Joni Ernst Official photo portrait 114th Congress.jpg
ジョニ・エルンスト
共和党 2015年1月3日 –
現職
2014年選出 29 114
115 39 2016年再選
116
2020年改選予定 30 117
118 31 2022年改選予定
# 氏名 所属政党 在職期間 選挙歴
 
選挙歴 在職期間 所属政党 氏名 #
第2部 第3部

[編集]

  1. ^ a b Clark, p. 17–46, 72–79.
  2. ^ Clark, p. 141: Kirkwood 118 votes, J. F. Stomenan (Democratic) 20
  3. ^ Clark, p. 141: Harlan 118 votes, H. H. Trimble (Democratic) 20
  4. ^ Clark, p. 167.
  5. ^ Clark, p. 185: Allison 104 votes, Daniel F. Miller 35 votes, E. N. Gates 3 votes.
  6. ^ Clark, p. 199: M. M. Ham and Daniel Campbell lost.
  7. ^ Clark, p. 199: L. G. Kinne and D. P. Stubbs lost.
  8. ^ Clark, p. 209: Allison 90 votes, Benton J. Hall 48 votes, D. M. Clark 10 votes, L. G. Kinne 1 vote.
  9. ^ Clark, p. 221: Allison 79 votes, S.T. Bestow (Democratic) 63 votes, William Larrabee 8 votes.
  10. ^ Clark, p. 234: Gear beat Democrat Horace Boies by votes unknown.
  11. ^ Clark, p. 245: Gear 111 votes, Fred E. White (Democratic) 32 votes
  12. ^ Clark, p. 238: Allison 118 votes, Washington I. Babb (Democratic) 25 votes, Frank Q. Stuart 1 vote.
  13. ^ Clark, p. 247: Dolliver 119 votes, John J. Seerley (Democratic) 20 votes.
  14. ^ Clark, p. 247: Allison 119 votes, E. H. Thayer (Democratic) 20 votes.
  15. ^ Byrd, p. 107.

関連項目[編集]