もへろん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

もへろん1985年1月5日 - )は、桜井デザイン所属のイラストレーター。本名は櫻井瑛。大阪府出身[1]

主にキャラクター作家として活動し、様々なイメージキャラクターを生み出している。代表作品の一つであるひこにゃんは、彦根城築城400年祭実行委員会が所有権、著作権などの一切の権利をイベント企画会社から100万円で買い上げていたが、400年祭終了後の商標使用中止などを彦根市と同実行委員会に求めるとともに、2007年11月6日、調停申立書を彦根簡裁に提出した。同年12月4日に民事調停が成立したものの、その後類似キャラクターの製造・販売の差し止めや著作者人格権などを巡って訴訟が続き、2012年11月、大阪地裁により和解が成立した。

ひこにゃん絵本シリーズ[編集]

ひこにゃんを主人公とする絵本「ひこにゃん絵本 ひこねのよいにゃんこのおはなし」が、文・絵 もへろん名義で2007年1月に出版されたが、2007年11月に刊行された第2弾は「ひこねのよいにゃんこ絵本」シリーズとなっており、その中で「ひこにゃん」という名称は使われていない。第1弾を含め、出版に際して彦根市ならびに彦根城築城400年祭実行委員会からの許諾は得ていないとされ、2009年7月28日、彦根市は市内の業者に「ひこねのよいにゃんこ」関連のグッズの中止販売を求めた。

もへろんと「ひこにゃん」[編集]

もへろんによる作品は「かぶとねこ」と呼ばれていたコンペ当選イラスト3点のみであり、「ひこにゃん」という愛称は、イラスト発表後に公募で集まった中から決定された。

作品[編集]

イラスト・挿絵[編集]

絵本[編集]

  • ひこにゃん絵本 ひこねのよいにゃんこのおはなし(サンライズ出版
  • ひこねのよいにゃんこ絵本 よいにゃんことどろちゃんのおはなし(サンライズ出版)

脚注[編集]

  1. ^ 人気キャラ「ひこにゃん」作者が渋谷で個展-新作絵本発表”. シブヤ経済新聞 (2007年11月7日). 2018年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]