みずがめ座η流星群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みずがめ座η流星群
Eta Aquariids (ETA)
発見 1870年[1]
母天体 ハレー彗星[1]
放射点
星座 みずがめ座
赤経  22h 20m
赤緯 −01°
特徴
期間 4月19日 – 5月28日
極大 5月6日
速度 66 km/s
天頂出現数 55[1]
流星群の一覧も参照
1986年に出現したハレー彗星の軌道アニメーション
      ハレー彗星      地球      太陽

みずがめ座η(イータ、エータ)流星群英語: Eta Aquarids)は、ハレー彗星母天体と考えられている流星群である。

活動期間は4月後半から5月の初めで、最大活動日は5月6日である。輻射点みずがめ座にある。1時間あたり20個ほどの流星が見られる。2005年には新月の期間であったので良い観測条件となった。

北半球では輻射点の地平高度が上がらないために出現数はそれほど多くないが、輻射点高度が高くなる南半球では非常に活発な流星群となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c Gary W. Kronk. “Observing the Eta Aquarids”. Meteor Showers Online. 2013年5月4日閲覧。

関連項目[編集]