まさひろ (ニワトリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まさひろ
まさひろ

弟分よしと(外見上はほぼ同一。まさひろより器用なため、自転車や肩の上に乗ることができる。)
まさひろ(上)と弟分よしと(下)。
よしとは外見上瓜二つである。
生物 ニワトリ
生誕 2015年7月頃
大阪近郊?
国籍 日本の旗 日本
飼い主 天王寺動物園ゾウ飼育チーム
(鳥の楽園担当兼任)

まさひろは、大阪市天王寺動物園で飼育されているニワトリである。

食用(生き餌)として搬入されたにも関わらず様々な経緯で生き延びたことから「奇跡のニワトリ」「幸運のニワトリ」などとも呼ばれ人気となっている。

当記事では、弟分とされる「よしと」についても記述する。

来歴[編集]

まさひろは、生き餌用の雛として2015年7月21日、同園に搬入された[1]

当初はアライグマ用の生き餌として提供される予定[2]だったが、搬入直後にマガモのひなが孵化したさい「マガモの雛は飼育時に餌を食べないが、ニワトリの雛と同室させると見まねでエサを食べる」という動物的特性からニワトリの雛が必要となり、まさひろが選ばれ一時的に難を逃れた。その後も通常であれば雛の成長とともに適した生物の餌として供されるが偶然が重なり生き延びた。

餌として搬入されたにも関わらず生き延びたことで "奇跡のニワトリ" などと呼ばれ人気[3]となったことから飼育されることが決まり、このさい担当の飼育員である長谷川真登(まさと)と河合芳寛(よしひろ)の2名の名前から2文字ずつ取り命名された[1]

2016年現在、弟分「よしと」が産まれ飼育されている事が同園スタッフブログに掲載されている[4]。同園の「鳥の楽園」で飼育され、「園内を散歩するのが日課」と報じられている[1]。この個体もまさひろと同様に、上記飼育員の名前からの命名である。

2015年12月24日、テレビ大阪の報道番組「ニュースリアル」内『天王寺動物で復活! 昭和の動物がスターに』で、初めて[要出典]地上波テレビ放送で取りあげられられた。また、この放送に際し同日の日本経済新聞に掲載された同番組の全面広告において、まさひろの写真が紙面に掲載された。

2016年9月19日、大阪府警察の一日高速隊長を歴任した際は「ニワトリとしては異例」と報道される[5][6]など、活動は園外にもおよんでいる。

呼称について、同園(スタッフブログ等)では「まさひろ」[4]と表記されているが、媒体によって片仮名表記などの表記ゆれが見受けられる[5][3]

出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]